閉じる

美しい Git GUI でシンプルかつパワフルに

Windows と Mac に対応した Git 無料クライアント

Sourcetree により Git リポジトリの操作が簡単になるのでコードを書くことに集中できます。Sourcetree のシンプルな Git GUI を用いてリポジトリを視覚化し管理しましょう。


Sourcetree アプリケーションでコードの差分を表示する

初級者にとって簡単

コマンドラインに別れを告げましょう。Git クライアントで分散バージョン管理を簡易化し、素早く全員を軌道に乗せられます。

熟練者にも強力

上級ユーザーをさらに効率的にするために最適です。ブランチ間のチェンジセット、スタッシュ、チェリーピックをレビューできます。

コードを視覚化

目で見ることにより信頼できます。任意のブランチやコミットにおいてワンクリックし、情報を得ましょう。

デスクトップで Git と Hg

たくさんの機能がつまった GUI により、使い始めてすぐに、効率的で一貫した開発プロセスを実現できます。Git と Mercurial で使用できます。

Sourcetree アプリケーションでコード変更を表示する

自信を持ってコミット

作業を視覚化し、自信を持ってプッシュしましょう。ファイル、ハンク、行ごとに、変更をステージングしたり削除することが可能です。

Sourcetree にコミットを追加する

たくさんの機能を搭載したクライアント

Git アプリケーション ウィンドウ

新しい Git ステータス

見逃すことがなくなります。作業を見渡すことができ、ひと目でコードの最新状況を得ることが可能です。

課題ビュー

進捗状況を視覚化

ブランチ ダイアグラムを詳述し、チームの進捗把握を簡単にしましょう。

コンピューターモニター

Windows & Mac 用 Git

二つの人気 OS 上で Git や Mercurial の力を利用しましょう。

Git アイコン

Git をきちんと理解する

ブランチ、マージなどを含む包括的なチュートリアルを通じて Git を学習しましょう。

すぐに使える Git

単なる Git GUI ではありません。Sourcetree は Git の力を有効活用できる、使いやすいインターフェースです。

Git Large File 対応

Sourcetree は Git LFS をサポートしているため、チームは大きなアセットを一箇所で管理できます。

すぐに使える Git-flow

Sourcetree のスマート ブランチングと Git-flow により、リポジトリをクリーンに保ち、効率よく開発を行えます。

サブモジュール

サブモジュールは、プロジェクトや依存性の管理、他のプロジェクト グループ化などを簡単にします。

ローカルコミット検索

Sourcetree 内で、コミット、ファイル変更、ブランチを検索しましょう。

インタラクティブ リベース

Sourcetree のインタラクティブ リベース ツールを用いて、クリーンで確実なコミットを得ましょう。

リモート リポジトリ マネージャー

Sourcetree のシンプルなユーザーインターフェースで、リモート リポジトリを検索してクローンすることが可能です。

エンタープライズ向け Sourcetree (Windows 版)

お客様が管理するエンタープライズ環境で、Sourcetree のインストール、更新および管理を大規模に行うことができます。

Sourcetree ベータプログラムに参加しませんか

ベータプログラムにサインアップして新機能を試用し、Sourcetree チームにフィードバックを返してプログラムの改良に協力してください。

Bitbucket で生産性を高めよう

Bitbucket は、単なる Git コード管理ツールではありません。Bitbucket を使用すれば、プロジェクトの計画、コラボレーションによるコード開発、テスト、デプロイをすべて 1 つの場所で行うことができます。詳細を見る

Sourcetree にコミットを追加する

「Sourcetree は魔法のようです。コマンドラインの代わりにこのクライアントを使用すると、ブランチからブランチへのジャンプや、コードベースの最新状況の把握が本当に簡単になります。」

- テクノロジー部門長 Micah Sharp

メガホンのグラフィック

ブログ

Sourcetree のニュースやアナウンスなど、常に最新の情報を得られます。

作戦帳のグラフィック

学ぶ

このチュートリアルに従って Sourcetree を始め、短時間で Git をマスターし、プロジェクトを管理しましょう。

Sourcetree を無料でダウンロードしよう

ステップ 1: Git リポジトリを作成する

新しい Bitbucket 宇宙ステーションの管理者として、整理を行う必要があります。宇宙ステーション用にファイルを作成する時は、それらを 1 箇所に保存してチームメートが宇宙のどこにいても共有できるようにします。Bitbucket では、これはリポジトリにすべてを追加するということを意味します。1 つ作成してみましょう。

ステップ 1: リポジトリを作成する

最初は、Bitbucket で作成するリポジトリにはコードは入っておらず空の状態ですが、これからファイルを追加していくので問題ありません。この Bitbucket リポジトリは使用するファイルの中央リポジトリとなり、他のユーザーは権限を与えられた場合にのみ、このリポジトリにアクセスできます。さらに、このリポジトリのバージョンをローカルシステムにコピーします。この方法により、1 つのリポジトリを更新して、その後別のリポジトリにこれらの変更を転送できます。

以下に従ってリポジトリを作成します。

  1. Bitbucket のグローバルサイドバーで [+] アイコンをクリックして [リポジトリ] を選択します。[新しいリポジトリの作成] ページが表示されます。少し時間をかけてダイアログの内容を確認します。リポジトリタイプを除き、このページに入力した内容はすべて後から変更できます。
  2. [名前] フィールドに「BitbucketStationSupplies」と入力します。Bitbucket はリポジトリの URL にこの名前を使用します。例えば、ユーザー the_bestawesome_repo というリポジトリを持っている場合、そのリポジトリの URL は https://bitbucket.org/the_best/awesome_repo になります。

  3. その他のオプションは変更する必要がなければそのままにしておきます。

    • アクセスレベル — [これは非公開リポジトリです] ボックスが選択された状態にしておきます。非公開リポジトリは、自分と、アクセス権を与えられたメンバーのみが見ることができます。このボックスをオフにした場合は、誰でもこのリポジトリを見ることができます。

    • README を含めますか?— 最近アカウントを作成した場合は、チュートリアル README が初期設定されます。このチュートリアルの目的のため、いずれかの [はい] オプションを選択します。そうすることで README ファイルを含めた状態で始めることができます。

  4. [バージョン管理システム] は、[Git] または [Mercurial] のいずれかを選択します。どちらを選択すべきかわからない場合は [Git] を選択します。

  5. [リポジトリの作成] をクリックします。Bitbucket でリポジトリが作成され、[ソース] ページが表示されます。

ステップ 2: リポジトリの確認

少しの間、作成したばかりのリポジトリを確認します。キーボードで ? キーを押すと、項目間を移動するためのショートカットが表示されます。

リポジトリに対する一般的な操作を行うには、グローバルサイドバーの [+] をクリックします。ナビゲーションサイドバーの各リンクに目を通して内容を確認します。例えば [設定] では、リポジトリの詳細やその他の設定を更新できます。サイドバーにある [コミット] をクリックします。README を含めた場合は、ページに 1 件のコミットが表示されます。

リポジトリは非公開になっており、誰もリポジトリに招待されていません。そのため、この時点でリポジトリのコンテンツを作成または編集できるのは、リポジトリの所有者である自分のみです。

ステップ 2: リポジトリをコピーしてファイルを追加する

これで、宇宙ステーションファイルを追加および共有する場所ができました。次に、ローカルシステムからそれらを取得する方法が必要です。これを設定するには、Bitbucket リポジトリを自分のシステムにコピーします。Sourcetree では、リポジトリをコピーすることを「クローンを作成する」と言います。リポジトリのクローンを作成する際には、Bitbucket サーバーとローカルシステムの間の接続を確立します。

ステップ 1: ローカルシステムにリポジトリのクローンを作成する

Sourcetree を使用して、コマンドラインを使用せずに、リポジトリのクローンをローカルシステムに作成します。

  1. Bitbucket を使用すればするほど、おそらく複数のリポジトリで作業することになります。そのため、それらすべてのリポジトリを含むディレクトリを作成すると便利です。はじめにローカルシステムでディレクトリを作成して、これをリポジトリと呼びます。
  2. Bitbucket で、BitbucketStationSupplies リポジトリに移動します。

  3. 右上隅にある [クローン] ボタンをクリックします。[このリポジトリをクローン] ダイアログが表示されます。 

  4. [このリポジトリをクローン] ダイアログで、[Sourcetree でクローン] をクリックします。

  5. [新規クローン] ダイアログボックスで、[宛先パス] を <local directory>/repos/bitbucketstationsupplies に更新します。 この宛先パスは、リポジトリ用のフォルダーで作成したばかりのディレクトリを指します。[名前] フィールドはリポジトリのフォルダ名と同じままです。 

  6. Click the Clone button.

おめでとうございます。これで、ローカルシステム上でリポジトリをクローンしました。

ステップ 2: ファイルを作成してローカルに追加し、Bitbucket にプッシュする

ローカルシステムにあるリポジトリを使用して、宇宙ステーションに必要な備品のリストを作成します。これを行うため、備品用のファイルを作成しましょう。

このセクションの作業では、Git と Mercurial リポジトリのどちらで作業しているかによって、画面が少し異なる場合があります。

  1. Sourcetree の bitbucketstationsupplies リポジトリをダブルクリックして、ローカルリポジトリからリモートリポジトリにコミットするものが何もないことを確認します。

  2. テキストエディターを使用して次の 3 行を追加します
    space ice
    cream nerf
    darts telescope light shield

  3. ファイルを supplies.txt として、ローカルシステムの bitbucketstationsupplies ディレクトリに保存します。 ファイルをローカルリポジトリに作成したため、supplies.txt ファイルが Sourcetree に表示されます。

  4. ここで、公式履歴にコミットする前に変更点のスナップショットを準備します。supplies.txt ファイルのオプションメニューから、[ステージファイル] (Git リポジトリの場合) または [ファイルを追加] (Mercurial リポジトリの場合) を選択します。

  5. Click the Commit button at the top to commit the file.

  6. メッセージボックスに「Initial commit」と入力します。

  7. ボックスの下の [コミット] ボタンをクリックします。新しいファイルがプロジェクト履歴にコミットされました。

    この時点までの操作はすべてローカルシステム上で行われており、リモートの Bitbucket リポジトリに変更をプッシュするまで、Bitbucket リポジトリから認識することはできません。

  8. Sourcetree で [プッシュ] ボタンをクリックしてコミットした変更をプッシュします。プッシュを行うと、1 つ以上のコミットを別のリポジトリへ移動して、自分の作業を簡単に公開することができます。

  9. 表示されたダイアログボックスでは、Git または Mercurial のどちらを使用しているかに応じて次のステップが変わります。

    • Git - [Push?] 列の下で、master ブランチを選択してそのブランチを origin にプッシュすることを示してから [OK] をクリックします。

    • Mercurial - すべてが自動で実行されるため、必要な操作は [OK] をクリックするだけです。

  10. Bitbucket の BitbucketStationSupplies リポジトリに移動します。

    • サイドバーの [コミット] をクリックすると、リポジトリにコミットが表示されます。Bitbucket では、そのコミットに対して行ったすべての操作が組み合わされて表示されます。

    • サイドバーの [ソース] をクリックすると、リポジトリに先ほど追加した supplies.txt ファイルが表示されます。

ステップ 3: リポジトリから変更をプルする

宇宙ステーションの管理者として、次のアクションは新しい備品をリクエストすることです。 Bitbucket 宇宙ステーションの備品を調達するシステムを設定しましょう。Bitbucket と Sourcetree についてほんの少し知識があれば、アトラシアンがこの先何年も宇宙探査をサポートいたします。

ステップ 1: Bitbucket でファイルを作成する

備品のリクエストファイルを追加するには、次の手順を実行します。

  1. Bitbucket の BitbucketStationSupplies リポジトリから、[ソース] をクリックしてソースディレクトリを開きます。ディレクトリには、supplies.txt という 1 つのファイルしかありません。

    • A. ソースページ: リンクをクリックして、このページを開きます。

    • B. ブランチ選択: 表示するブランチを選択します。 

    • C. その他のオプションボタン: クリックすると「ファイルを追加」など、その他のオプションメニューが開きます。

    • D. ソースファイルエリア: Bitbucket 内のファイルのディレクトリを表示します。 

  2. [ソース] ページで、右上隅にある [その他のオプション] ボタンをクリックしてメニューから [ファイルを追加] を選択します。[その他のオプション] ボタンは 1 つ以上のファイルをリポジトリに追加した後にのみ表示されます。次の画像のように、新しいファイルを作成するページが開きます。

    • A. 新規ファイルを追加するブランチ: ファイルを別のブランチに追加する場合は変更します。

    • B. 新規ファイル用のエリア:新しいファイルのコンテンツをここに追加します。

  3. [ファイル名] フィールドに「supplyrequest」と入力します。

  4. [構文モード] リストから [HTML] を選択します。  

  5. 次の HTML コードをテキストエリアに追加します:  <p>We are requesting additional supplies. Please send us the following:</p>
    <ul>
    <li>space ice cream</li>
    <li>nerf darts</li>
    <li>telescope light shield</li>
    </ul>

  6. [コミット] をクリックします。次のメッセージと共に [コミットメッセージ] フィールドが表示されます: supplyrequest created online with Bitbucket.

  7. メッセージフィールドの下にある [コミット] をクリックします。

これで、Bitbucket に新しいファイルができました。コミットの詳細ページへ移動し、そこでたった今行った変更を確認できます。 

これまでに行ったコミットのリストを表示する場合は、サイドバーで [コミット] をクリックします。

ステップ 2: リモートリポジトリから変更をプルする

次に、その備品リクエストをローカルシステムに取り込む必要があります。プロセスは非常に単純です。基本的には、Bitbucket に supplies.txt ファイルを取り込んだ際に使用したプッシュを逆に実行するだけです。

ファイルをローカルのリポジトリにプルするには、次の手順を実行します。

  1. Sourcetree でリポジトリを開き、[プル] ボタンをクリックします。

    ファイルを Bitbucket からローカルリポジトリにマージすることを示すポップアップが表示されます。

  2. このボックスで [OK] をクリックします。Sourcetree がマージされたファイルの説明と共に更新されます。

  3. ローカルシステムのリポジトリフォルダーに移動すると、追加したファイルが表示されます。

よくできました! これで、Bitbucket とローカルシステム間の基本的な DVCS のワークフロー (クローン、追加、コミット、プッシュ、プル) を実行できました。

ステップ 4: Sourcetree ブランチを使用して更新をマージする

銀河間通販雑誌を見ていたら、宇宙ステーションにぴったりなスピーカーを見つけました。それなりの音量を出すのに十分な大きさがあり、柔らかいので無重力状態でも壊れることはなさそうです。唯一の問題は、かなり高価であることです。そのため、正式に備品リストに追加するには承認を得る必要があります。

待っている間に、リクエストリストに備品を追加できるよう、フィーチャーブランチを作成します。承認を受けたら、フィーチャーブランチからメインブランチにリクエストファイルをマージします。

ブランチは、チームで作業しているときに最も力を発揮します。自分自身のブランチでプロジェクトの担当部分の作業を行い、Bitbucket から更新をプルし、その後、準備が整ったら自分の作業をすべてメインブランチへマージすることができます。ドキュメントには、ブランチを使用する理由に関するより詳細な説明が含まれています。

ステップ 1: ブランチを作成して変更を加える

ブランチを作成して、備品のリクエストファイルにスピーカーを追加します。Git と Mercurial ではブランチの機能は異なりますが、Sourcetree では同様の方法で作成できます。

  1. Sourcetree で、[ブランチ] ボタンをクリックします。
     
  2. Git リポジトリまたは Mercurial リポジトリのどちらを使用しているかに応じて、新しいブランチを作成するためのポップアップは異なります。自分のブランチ名について、[新規ブランチ] または [ブランチの作成] フィールドに、ブランチ名 wish-list と入力します。

  3. [ブランチの作成] または [OK] をクリックします。

  4.  Sourcetree で、[ファインダーで表示] ボタンをクリックします。お使いのシステムのディレクトリが開きます。

  5. ディレクトリフォルダーから、テキストエディターで supplyrequest ファイルを開きます。

  6. 次のアイテムを備品のリストに追加することで、ファイルに変更を加えます。 
    <li>anti-gravity speakers</li>

  7. ファイルを保存します。

  8. Sourcetree のビューを開き、リポジトリにコミットされていない変更があることを確認します。

    ここからの作業は、supplyrequest ファイルを追加して初めてコミットしたときと同じです。

  9. Git リポジトリの場合は、オプションメニューから [ファイルをステージング] を選択して supplyrequest.txt をコミットする準備をします。

  10. Click the Commit button at the top to commit the file.

  11. メッセージボックスに、「Adding an item for my wish list」(ウィッシュリストにアイテムを追加) と入力します。

  12. ボックスの下の [コミット] ボタンをクリックします。Sourcetree で、wish-list ブランチでファイルが更新されたことがわかります。

ステップ 2: ブランチからファイルの変更をマージする

スピーカーが承認されました。次に、メインの備品リストで wish-list アイテムを更新します。

  1. はじめに、メインブランチに切り替えます。Sourcetree の左側のメニューアイテムで、[ブランチ] ラベルの右側にマウスを合わせると [表示] という文字が現れます。
  2. [表示] が現れたらクリックします。ブランチの見出しの下に、このリポジトリの 2 つのブランチ、メインブランチと wish-list ブランチが表示されます。Git リポジトリのメインブランチは master と呼ばれます。Mercurial リポジトリのメインブランチは default と呼ばれます。
  3. フィーチャーブランチ (この場合は wish-list) をダブルクリックしてそのブランチに切り替えます。

  4. [マージ] ボタンをクリックします。 

  5. 表示されるポップアップで、自分の wish-list ブランチのコミットがハイライトされていることを確認します。これは、このブランチからメインブランチにコミットを追加しようとしていることを示しています。

  6. Git リポジトリの場合は、下部にある [fast-forward マージであっても新たにコミットを作成する] オプションにチェックマークを入れます。

  7. [OK] をクリックします。メインブランチ内の supplyrequest ファイルが wish list のアイテムで更新されました。Sourcetree は、Git と Mercurial リポジトリのどちらを使用しているかによって、見た目が少し異なります。

  8. Git リポジトリの場合は、これで完了です。Mercurial リポジトリの場合は、変更をコミットする必要があります。一番上の [コミット] ボタンをクリックします。コミットメッセージの既定の説明は「Merge」です。メッセージをそのままにして先へ進み、[コミット] をクリックします。

ステップ 3: 変更を Bitbucket にプッシュする

  1. From Sourcetree, click the Push button to push your committed changes.

  2. 表示されるダイアログボックスで、[OK] をクリックしてローカルリポジトリに変更をプッシュします。 

  3. Bitbucket リポジトリの [概要] ページをクリックすると、 [最近のアクティビティ] ストリームにプッシュが表示されているのがわかります。

  4. [コミット] をクリックすると、ローカルシステムで行ったコミットが表示されます。変更では、ローカルシステムと同じコミットコードが保持されます。

  5. [ソース] をクリックし、supplyrequest ファイルをクリックします。ファイルへの最後の変更には、プッシュしたばかりのコミットコードが付いています。

  6. このファイルのコミット済み変更を確認するには、次の図のように、ファイル履歴リストをクリックします。

完了しました!

完了です! お疲れ様でした。しかし、宇宙へロケットを打ち上げるのと比べたら大したことはないでしょう。これで Bitbucket について多くを学び、宇宙ステーションの活動をはるかにうまく実行する準備が整いました。では、少し休憩して、星空を眺めましょう。

Bitbucket と Sourcetree についてさらに詳しく学習したい方は、「チームメイトのリポジトリを更新する際の問題」をご覧ください。 

重要な情報

この製品のダウンロードを続けるには、Atlassian Software ライセンス契約およびプライバシーポリシーを読み、同意する必要があります。

ダウンロード キャンセル