閉じる

Portfolio for Jira の新しいクラウド価格体系

10ユーザーまで

$10
月額定額料金
小規模チーム向けの特別価格
30 日間無料トライアル
クレジットカード不要

11-100ユーザー

$3.50
1 ユーザーあたり月額
大規模チームやチーム規模の拡大に対応
30 日間無料トライアル
クレジットカード不要

101 + ユーザーですか? 

大規模チーム向けの割引をご用意しています。価格を計算する


30 日間無料、クレジットカード不要

Cloud の利点

  • 迅速かつ容易に開始が可能 - あなたのためのソフトウェア サイトをホストします。
  • サーバー、ストレージ、保守は一切不要 — 運用も弊社にお任せください。

Cloud 価格 FAQ

Portfolio for Jira のサブスクリプション料金はいくらですか?

価格シミュレーターを使って、チーム規模に適した月額料金を試算してみてください。

2,000ユーザーを超え、最大5,000ユーザーまでのお客様に、早期アクセスを提供しています。価格を表示には、以下の計算機をご利用ください。

価格シミュレーター
有効な番号を入力してください。
5000 ユーザー以下を入力してください
最小ユーザー数
あなたの価格
$ --
月額合計料金
$ --
ユーザーあたりの平均料金

Portfolio for Jira を無料で試用することはできますか?

もちろんです! 最初の 30 日間は無料でお試しになれます。試用を始める場合は Portfolio for Jira を現行のサイトに追加してください。製品にご満足いただけたら (きっと気に入ってくださるはずです)、お支払い情報を登録するだけで Portfolio for Jira を続けてご利用になれます。 

Portfolio for Jira を試用するには、Jira Software を現在ご利用中であるか、または Jira Core サイトに登録している必要があります。Portfolio for Jira を現在ご利用の Jira Software または Jira Core サイトに追加すると、アドオンの試用期間が 30 日間に延長されます。

Cloud アドオンの価格体系はどのような仕組みですか?

Jira のアドオンは、1 つのサイト上にあるすべての Jira Software、Jira Service Desk、Jira Core インスタンスにわたり、最大ユーザー数 (月単位サブスクリプションの場合) または最大ユーザーティア (年間サブスクリプションの場合) を基準にライセンスされます。たとえば、Jira Software (50 ユーザー) と Jira Service Desk (10 エージェント) を同じインスタンス上で所有している場合、Jira アドオンの価格は 50 ユーザーを基準に設定されます。

年間サブスクリプションの価格表

Portfolio for Jira は月単位のサブスクリプションのほか、年間サブスクリプションでもご利用になれます。年間サブスクリプションでは、2 か月分相当の料金が割引になります。内訳は次のとおりです。

ユーザー 年額
1 - 10 $100
11 - 15 $525
16 - 25 $875
26 - 50 $1,750
51 - 100 $3,500
101 - 200 $6,000
201 - 300 $7,525
301 - 400 $8,075
401 - 500 $8,625
501 - 600 $9,175
601 - 800 $10,275
801 - 1,000 $11,375
1,001 - 1,200 $12,475
1,201 - 1,400 $13,575
1,401 - 1,600 $14,675
1,601 - 1,800 $15,775
1,801 - 2,000 $16,875

2,000ユーザーを超えるお客様に、早期アクセスを提供しています。これらの階層については、ライセンスページをご覧ください。

アカデミック、コミュニティ、またはオープンソース用のライセンスはありますか?

クラウド用アドオンには、割引または無料になるライセンスはありません。アカデミックライセンスがあれば、サーバー用アドオンの購入/更新が半額になります。コミュニティライセンスまたはオープンソースライセンスをご利用の場合、サーバー用アドオンは無料です。 

特別ライセンスの適用基準については、コミュニティライセンスのページをご覧ください。

その他のご質問がありますか?

Atlassian Cloud のライセンスをご確認ください。

30 日間無料トライアル

あらゆる規模のチームでオンプレミス運用

サーバー
(オンプレミス)

$10
買い切り価格
購入する

データセンター

$495
年額
購入する

セルフホスト型価格 FAQ

Portfolio for Jira を無料で試用することはできますか?

もちろんです!最初の 30 日間は無料でお試しになれます。ご利用中の Jira Software または Jira Core インスタンスに管理者としてログインします。管理者のドロップダウンから [Add-ons (アドオン)] を選び、Portfolio for Jira を選択し [Try it free (無料トライアル)] をクリックすると、Portfolio for Jira を簡単にダウンロードすることができます。

もし気に入っていただけた場合 (そうなると信じていますが)、購入したライセンスキーで現在のインスタンスをアップデートすれば、引き続き Portfolio for Jira をご利用いただけます。Portfolio for Jira のライセンスはオンラインで購入できます。

Portfolio for Jira Server を試用するには、Jira Software Server を現在ご利用中であるか、または Jira Core Server をインストールしている必要があります。同様に Date Center 承認版の Portfolio for Jira の試用にも、Jira Software Data Center を現在ご利用中であるか、または Jira Core Data Center をインストールしている必要があります。

Portfolio for Jira ユーザーとは何ですか?

Portfolio for Jira は、Jira Software と Jira Core を一体化させたものです。Portfolio for Jira ユーザーとは、Jira Software または Jira Core に含まれているすべての機能に、無制限にアクセスできる任意のユーザーのことです。 

Portfolio for Jira のライセンスのタイプおよびユーザー数は、現在ご利用中の Jira ホスト製品の最上位ユーザー階層と一致する必要があります。たとえば、50ユーザーの商用 Jira Software ライセンスには、50ユーザーの商用 Portfolio for Jira ライセンスが必要です。 

複数の Jira アプリケーションを同じインスタンス (Jira Software や Jira Core) で使用している場合、Portfolio for Jira のユーザー階層がホスト製品の最上位ユーザー階層と一致している必要があります。たとえば、25 ユーザーの商用 Jira Software ライセンスと、50 ユーザーの商用 Jira Core ライセンスには、50 ユーザーの Portfolio for Jira ライセンスが必要です。

ライセンスの購入には何が含まれますか?

Portfolio for Jira のライセンス体系は、シンプルで公平な仕組みであり、前払いのシステムとなっています。

ライセンスの購入には製品の永久利用と、購入日から 12 ヶ月間のメンテナンス (バージョンアップとテクニカルサポート) が含まれます。メンテナンスの更新は必須ではありません。

Date Center 承認版は、年間サブスクリプションのライセンス(アップデートとサポートを含む)を提供しています。

どのような支払い方法がありますか?

月額契約では、クレジットカード払い (MasterCard, Visa, American Express) をご利用いただけます。年間契約では、クレジットカードに加えて、銀行振込でのお支払いもご利用いただけます。

教育機関向けにディスカウントはありますか?

条件を満たす教育機関に対して、10 ユーザーを超えるサーバーライセンスの購入時に 50% の割引があります。

特別ライセンスの適用基準については、コミュニティライセンスのページをご覧ください。

Portfolio for Jira を購入後、満足できなかった場合はどうなりますか?

アトラシアンの製品やサービスに満足いただけなかった場合、お支払いから30日以内であれば、無条件で返金を行います。サーバー型の 10 ユーザースターターライセンスにつきましては、売上は全てチャリティ団体に寄付をしています。よって返金することはできないことをご了承ください。

Cloud (クラウド型) と Self-hosted (セルフホスト型) の違いはなんですか?

Portfolio for Jira Cloud では、アトラシアンが既存の Jira Software Cloud インスタンス内で Portfolio for Jira Cloud アプリケーションのホスティングと有効化を行います。一般的に、クラウドデプロイメントモデルは、チームにとってすぐ簡単に開始するためのベストな方法です。チームは、自分たちでホスティングすることによる技術的な問題に対処する必要がありません。

Portfolio for Jira Server と Portfolio for Jira Data Center 承認アプリ では Jira Software と Portfolio for Jira アプリケーションを自社のマシンにインストールして利用します。自由にカスタマイズすることが可能です。このオプションは、多少手間がかかっても設定や運用をすべて自社で管理したいチームに向いています。

その他のご質問がありますか?

Portfolio for Jira の価格とライセンスに関する詳細ページをご覧ください。