Portfolio for Jira の機能

すべてのチームとプロジェクトを一目で把握


データに基づいたアジャイル ロードマップ

イニシアチブを含め、チームの作業を整理し、優先順位を決めて、複数のチームと Jira プロジェクトを網羅する現実的なロードマップを作成します。Portfolio for Jira のスケジュール ビューなら、リリース日のスコープ設定と目標日指定を簡単に視覚化できます。

見積の比較

Portfolio for Jira を使用して、チームのベロシティを見積もり、長期計画の目標開始日および終了日を決めることができます。作業進行中は、現在の見積と比較して最初の見積の精度を確認し、チームのパフォーマンスの把握に役立てることができます。

見積の比較
シナリオ立案

マルチシナリオ プランニング

Portfolio for Jira のマルチシナリオ プランニング機能は、様々なスコープとチームの組み合わせの選択、保存、比較が可能なため、チームにとって最良のポートフォリオ計画を選択できます。

リソースとキャパシティの計画

各チームに適切なリソースを割り当ててスケジュール化し、チームのスキルセットと稼働体制を考慮します。新しいチームメンバーの追加を想定したり、請負業者の雇用を仮想的に追加したりして、チームのベロシティに与える影響を確認することもできます。

リアルタイムの予測

Portfolio for Jira は Jira 課題を動的にロードし、現実的なリリース日を予測します。計画は常に最新情報で更新されるため、リリースの進捗状況を追跡し、チームが予定どおりに提供可能か確認することができます。

ロールアップ レポート

スコープ、キャパシティ、リリース、スケジュール、スプリント、テーマなど、計画を異なった側面から分析します。Portfolio for Jira はロールアップ レポートを作成し、複数のチームやプロジェクトを横断的に表示することにより、全員の認識を揃えることが可能となります。さらに、レポートをリンクとして埋め込んで、関係者と共有することもできます。

もっと知りたいですか?

スタートガイド

詳細を見る

ライブ Q&A ありの 30 分のデモ

サインアップ

製品ドキュメント

詳細を見る

Portfolio for Jira はチームの計画の立て方に合わせて柔軟に対応します

Jira 統合

Jira から動的にデータをロードすることにより、リアルタイムで計画し、常にすべてを最新情報で更新できます。

ロードマップの依存関係を可視化

ロードマップの依存関係を設定し、検討することにより、ボトルネックを回避できます。

無制限の階層化

新規(かつ無制限)の階層を作成します。エピックを優先度が高い業務や大規模なプロジェクトの下にまとめることができます。

複数の見積方法

時間ベースまたはストーリー ポイントのいずれか、もしくは両方の見積で計画します。既定の見積を設定すれば、見積を行っていない作業の計画を立てられます。

シナリオ立案

サンドボックス手法 - 「起こり得る」シナリオを作成し、検討を済ませた時点で初めて JIRA でコミットするか元に戻します。

レポート

スコープ、キャパシティ、リリース、スケジュール、スプリント、テーマを集約したレポートを共有し、プロジェクトの計画の視覚的な把握や本質的な理解を可能にします。

Portfolio for Jira 30 日間無料トライアル

無料トライアル