JIRA に特化したアジャイルなポートフォリオ管理ツール

Portfolio for JIRA を利用すれば、現実的なロードマップの計画や予測を作成し、不測事態発生時にはデータに基づく意思決定を行い、常に全員に情報を周知することが可能となります。


計画と予測

視覚的なロードマップの計画

すべての JIRA プロジェクトを網羅するリアルタイムのアジャイル ポートフォリオ計画を作成し、1 つのロードマップですべてのチームの状況を視覚的に把握できます。

リリース日の予測

見積に基づいてリリース日を予測することにより、チームのスケジュールをリアルタイムで最適化し、実際にリリースが可能な日を把握できます。

リソースの管理

チームのベロシティとチーム メンバーの稼働状況を管理することにより、計画内に発生するリソースの変化を把握できます。

シナリオの分析

トレードオフの意思決定がもたらす影響を素早く可視化することにより、「起こり得る」シナリオを吟味します。変更に問題がなければコミットし、そうでない場合は当初の計画に戻します。

追跡とレポート

ビジネス目標の追跡

ビジネス目標を設定して進捗状況を追跡し、戦略どおりに実施されているか、全員が同じ優先度で作業を進めているかを確認します。

ステータスと進捗状況に関するレポート作成

スコープ、キャパシティ、リリース、スケジュール、スプリント、テーマに関するレポート。計画を必要な側面から分析して、その概要をグラフィカルに提示し、全員の認識を揃えます。

一緒に使うともっとすごい
JIRA Software + Portfolio for JIRA

JIRA Software と Portfolio for JIRA を利用すると、長期的な計画とアジャイル開発を組み合わせ、大規模な可視性を得ることができます。

Portfolio for JIRA を活用することによって業務に集中できます。チームの活動の調整、リソースの管理、ビジネス目標との整合性の確保、変化へのリアルタイムの対応が可能となります。 — ERIC HILFER、ソフトウェア エンジニアリング担当副社長 ROSETTA STONE 社
この事例を見る
世界中の 4,000 以上の組織で信用されています