Jira Ops プリンシパルマネージャー の Matt Ryall が皆さまのどんな質問にも答えるライブ AMA (Ask Me Anything) セッションを開催します。ぜひご参加ください。9 月 5 日、午前 10-11 時 (太平洋夏時間)。質問をする

最先端のインシデント管理

すべてのインシデントに対応し、解決、そこから学ぶ場所を一元化

インシデントをより早く解決

Jira Ops 内で、またはお使いのアラートツールとの統合を通じて、インシデントを報告します。
次に、チャットルームの立ち上げ、他の対応担当者へのアラート、初期連絡を、すべて 1 つのボタンで行います。

インシデントの影響

影響を及ぼす範囲と、影響の内容を素早く理解できます。

ステータスの詳細

インシデントのステータス、重大度レベル、継続時間を簡単に確認できます。

対応担当者の把握

現在のインシデント管理担当者と技術リードが誰なのか、把握できます。関連する Slack チャンネルを見つけましょう。

重要イベントのタイムライン

重要な対応アクティビティをリアルタイムで表示します。
Jira Ops インシデントレポート
Jira Ops インシデントレポート

ネットで人気のインシデントツールと標準統合

Slack のロゴ

Slack

Statuspage Logo

Statuspage

OpsGenie のロゴ

OpsGenie

Slack のロゴ

PagerDuty

xMatters のロゴ

xMatters


IT・ソフトウェアチーム向け、インシデント管理のより良い方法

視認性を向上、中断を低減

アラート発生から解決まで、すべての重要情報を 1 つの場所に

チャット、アラート、および Statuspage から重要情報を自動的に取得し、リアルタイムのインシデントタイムラインに表示。あなたのチームと会社の関係者に共有する最新情報を一元化します。

すべての重要情報を 1 つの場所に
インシデント対応レポート
優れたインサイトとレポート

すべてのインシデントから学ぶ

インシデント発生中の最新情報をチームメンバーに共有していた同じタイムラインが、ポストモーテムの秘密兵器となります。根本的な原因を発見し、確実に改善作業を実行できるようにしましょう。

レポートと分析を活用し、インシデントが数か月から数年にわたってもたらす影響の全体像を理解しましょう。

研究所のイラスト

アトラシアンのハンドブックから盗む

アトラシアンのインシデント管理手法を学ぶ

インシデント管理は、ソフトウェアだけに起きるものではありません。プロセスが重要なのです。私たちは、10 年以上をかけてプロセスの改善に取り組んできました。そして、今回初めて社内インシデント管理ハンドブックを公開します。

これは、何千人もの従業員と 125,000 以上の顧客を抱えるグローバル企業として、アトラシアンが実際に作成したインシデント管理戦略です。

より良いインシデントの管理

より良いインシデントの管理
OpsGenie
OpsGenie

正しい担当者にインシデントをお知らせします。そしてJira Ops で対応を開始し、OpsGenie コールのスケジュールからより多くの応答者を追加します。

Jira Ops
Jira Ops

インシデント対応の取り組みと重要情報を一元化します。チームがインシデントにすぐに取りかかることができ、明確なタイムラインを確認できます。

Statuspage
Statuspage

Jira Ops から直接、Statuspage の更新情報を送ることで、顧客に最新の状況を知らせます。Jira Ops タイムラインを確認することで、顧客向け情報がいつ送信されたかを正確に把握できます。


Jira Ops を今すぐ無料でお試しください

現在は Cloud でのみ利用可能

2019 年初頭まで
すべてのチーム向けに無料で提供

FAQ

Jira Ops はいつまで無料で使えますか?

Jira Ops は、バージョン 1.0 のリリースまで、アーリーアクセス製品として無料でご提供する予定です。リリース時期は、2019 年初頭を目標にしています。 

現在の Jira Cloud ユーザーは、Jira Ops にすぐアクセスできますか?

アトラシアンの既存のお客様であっても、新規のお客様であっても、新しい Jira Ops アカウントにサインアップする必要があります。

Jira Ops には Server オプションはありますか?

現在のところ、Jira Ops は Cloud でのみご利用いただけます。インシデントツールは、すべての社内システムがダウンしている場合でも常に利用できるように、会社のインフラストラクチャ外でホストするのが最適だと考えています。