閉じる

組織内のあらゆる種類のプロセスを追跡

あらゆるタイプの運用チームが次のような目的で Jira Core を使用しています。

広告配信

インフラストラクチャーの保守

プログラム デプロイメント

製造

臨床試験および研究

運用プロジェクトの管理

Jira Core Cloud ボードでプロセスを視覚化すれば、ステップを見逃すことはありません。作業前から完了まで、大小さまざまなタスクの進行を監視してプロジェクトの進捗状況を追跡できます。

ボードは Jira Core Cloud でのみご利用いただけます。 

状況を把握する

運用詳細の監視

各タスクの詳細およびステータスと各チームメンバーのコメントおよびフィードバックを1つの場所に表示します。全員が文字どおり同じページを見ることになります。

運用チームのパフォーマンスの測定

プロジェクトに関するすべての情報が手元にあるため、簡単に必要なものを見つけてレポートを作成できます。

 

 

体系化

運用チームの業務を促進する Jira Core の諸機能

ビジネステンプレート

運用チームの作業方法に合うように、カスタマイズ可能なビジネステンプレートを使用してプロセスを定義し、追跡します。

タスク詳細

スケジュール、保守日、コンプライアンス詳細など、チームが順調に業務を遂行するために必要なものが1つの場所に配置されています。

通知

@mentions を使用して適切なチームメンバーの注意を喚起し、フィードバックを求めることで意思決定の迅速化を図ります。

レポート

ダッシュボードとレポートを使用し、プロジェクトの現在のステータスをざっと把握したり、詳しく確認したりできます。完了した作業、残っている作業がわかります。

Jira Core を使用して運用プロセスの様々な物事を円滑に進める

運用チームは秩序を保ちながら順調に物事を進めることができるようになりました。

組織の拡大と引き受けるプロジェクトの増加に伴ってビジネスに対する明確な理解を維持する上で Jira は有益な手段となりました。難題にうまく対処し、組織の拡大に応じて秩序を維持するのに役立っています。—Tina Mai、広告運用部長
跳ね橋
世界 35,000 社以上の顧客に信頼され使用されています
Gilt、YP、BlackRock、Splunk、および Spotify

クラウドに対応、シンプルな価格体系

小規模チーム

$10

月額

最大 10 ユーザーまで

無料トライアル

クレジットカード不要

中/大規模チーム

$50

月額

無料トライアル

クレジットカード不要