アジャイルプロジェクト管理


アジャイル型開発手法を
ソフトウェアチームに応用する方法

Try Jira Software

どうしてアジャイル型のプロジェクト管理方法を選ぶのか

ソフトウェアチームはアジャイル型のプロジェクト管理方法を10年近く活用しており、チームのスピード、コラボレーション、および市場トレンドへの対応力を向上させています。

ところで、アジャイル方法論とは何で、あなたのチームに実際に役立つのでしょうか。ここでは、アジャイル型のプロジェクト管理を始めたり、改善したりするために必要なあらゆる知識を得られます。 

歴史

アジャイル型のプロジェクト管理は、反復的な方法でソフトウェア開発プロジェクトを管理し、継続的なリリースと顧客のフィードバックを各イテレーションに取り込むことに重点を置いています。

1940 年代のトヨタのリーン生産方式の概念を起源として、ソフトウェア開発チームは、絶えず変化する顧客のニーズに迅速に対応しながら、無駄を削減し、透明性を高めるためにアジャイル方法論を活用してきました。「ビッグバン」方式の立ち上げに重点を置いているウォーターフォール型のプロジェクト管理とは大きく異なり、アジャイル型はソフトウェアチームのコラボレーションを高め、これまでにないほど迅速なイノベーションの実現を促進します。 

従来のアジャイル型プロジェクト管理は、スクラムおよびカンバンという、2 つのフレームワークに分類できます。スクラムは固定された期間のプロジェクトイテレーションに重点を置き、カンバンは継続的なリリースに重点を置いています。作業が完了すると、チームは即座に次のリリースに移行します。  

スクラムとは

スクラムは、スプリントと呼ばれる、固定された期間の作業のイテレーションを採用しているアジャイル型プロジェクト管理のフレームワークです。各スプリントは、4 つのセレモニーで構成されています。

すべてはバッグログ、つまり完了させなければいけない一連の作業のログ作成から始まります。スクラムでは、2つのバックログがあります。1つはプロダクトバックログ (プロダクトオーナーが所有) で、優先順位付けされたフィーチャーのリストです。もう1つはスプリントバックログで、次のスプリントのキャパシティに達するまで、プロダクトバックログの一番上から課題を取り出すことによって処理されます。スクラムチームにはプロセス内のチームの利害関係に固有の独特な役割があります。一般的にはスクラムマスター (チームのスクラム方式の擁護者)、プロダクトオーナー (製品の代弁者)、およびスクラムチームで構成されます。スクラムチームは、多くの場合、s@#$ を完了させる責任を負う機能横断型のチームメンバーで構成されます。

スクラムの4つのセレモニー

スプリント計画

次のスプリントで完了するものを決定する、チームの計画ミーティング。

スプリントデモ

 スプリントでリリースした成果物をチームに示す共有ミーティング。

デイリースクラム

スタンドアップとしても知られており、ソフトウェアチームの情報共有を図る 15 分間の短いミーティング。

Retrospective

処理でうまくいったことと、うまくいかなかったことをレビューして、次のスプリントの改善につなげます。

スクラム

スクラムボード

スクラムボードは、所定のスプリントのすべての作業を視覚化するために使用されます。スプリント計画ミーティング中に、チームはアイテムをプロダクトバックログからスプリントバックログに移動します。スクラムボードは、To DoIn Progress、およびDone のように、ワークフロー内の複数のステップを視覚化できます。スクラムボードは、アジャイル型プロジェクト管理の透明性を高めるための重要な構成要素です。

スクラムを試してみませんか?こちらから役立つ情報を発信しています。

カンバンとは

カンバンは、作業をチームのキャパシティに合わせるアジャイル型プロジェクト管理のフレームワークです。物事を可能な限り早く完了させることによって、チームが変更に対してスクラムよりもさらに迅速に対応することを重視します。

スクラムと異なり、カンバンにはバックログはありません (一般的な場合) 。かわりに、作業はTo Do列に配置されます。これにより、カンバンチームは継続的なリリースに集中でき、いつでも完了することが可能になります。すべての作業は可視化され、範囲を決められ、実行可能な状態になっているため、あるものが完了すると、チームは即座に次の作業に移行します。作業量は、WIP 制限を通じてチームのキャパシティに一致させます。WIP 制限とは、同時に単一の列 (To Do 列を除く) に入るように事前定義した作業量制限です。カンバンフレームワークには、次の4つのコンポーネントが含まれます。

カンバンの4つのコンポーネント

作業
(ストーリー) のリスト

作業 (ストーリー) のリストは、完了させる必要がある課題またはタスクと定義されます。

列またはレーン

カンバンボードで使用され、タスクを他のワークストリーム、ユーザー、プロジェクトなどから区別します。

仕掛り作業
(WIP) 制限

チームのキャパシティに基づいて、完了させる作業量を制限するルール。 

継続的リリース

チームは WIP 制限内でストーリー量に取り組み、いつでもリリースできます。 

kanban

カンバンボード

カンバンボードは、完了させるすべての作業を視覚化するために使用されます。また、リソース計画にも使用されます。結果として、プロジェクトマネージャーは作業および開発タイムラインを見ることができます。カンバンボードは列とレーンで構成され、ストーリーは完了に向けてこれらを通過していきます。ストーリーは WIP 制限が次のタスクに取り組むことを許可するまで To Do 列にあります。作業のリストは比較的小さい課題に分割し、優先度別に編成するようにします。この例からわかるように、レーンは優先度の高いアイテムを「その他のすべて」から分離しておくために使用できます。

カンバンを試してみたくありませんか。導入に役立つヒントはこちらです。

見積、レポートおよび計画

ソフトウェア開発のサポートのためにどのようなアジャイルフレームワークを選択するにしても、今後の作業またはスプリントの計画を立てるには、チームの進捗状況を表示する方法が必要です。アジャイルプロジェクト見積は、チームのキャパシティを理解するうえでスクラムおよびカンバンの両方のチームに役立ちます。アジャイルレポートは、チームの進捗を経時的に示します。バックロググルーミングによって、プロジェクトマネージャーは現在および準備が完了している作業のリストを維持し、チームの取り組みを支援できます。

見積もり

アジャイルプロジェクトの見積り

プロジェクト見積は、カンバンおよびスクラムのいずれのプロジェクト管理においても非常に重要な特徴です。カンバンの場合、多くのチームは前の経験とチームの規模に基づいて、各状態に WIP 制限を設定します。スクラムチームはプロジェクト見積を使用して、特定のスプリント中に完了できる作業量を特定します。多くのアジャイルチームは、プランニング・ポーカー、理想時間、またはストーリーポイントなど、固有の見積手法を導入して目前のタスクの数値を決定します。これにより、、アジャイルチームは、スプリントのふりかえりの間、チームのパフォーマンスを確認するために戻って参照する基準点を得ます。Jira Software は、チーム固有のプロジェクト見積を取り込むためにカスタマイズできます。

レポート

アジャイルレポート

プロジェクトの見積は各スプリントの最初と最後に影響を与えます。見積は、チームがスプリントの最初に完了できるものを決定するうえで役立つだけでなく、最後にその初期見積がどの程度正確であったかを示すのにも役立ちます。バーンダウンチャートなどのアジャイルレポートは、スプリント中に完了したストリーポイントの数を示します。Jira Software にはチームのパフォーマンスについてリアルタイムの実用的な洞察を得られる、すぐに使用可能な多数のレポートが用意されています。ふりかえりをサポートするデータを得ることは、アジャイル型のチームを改善する方法として計り知れないほど重要です。

経営管理者

バックログの管理とグルーミング

製品のバックログは、製品のロードマップや要件をもとに開発チームが今何をするべきなのかを表す、優先度順にできたリストです。開発チームは、このバックログから作業を選び、各スプリントに割り当てていきます。  

バックログのグルーミングと維持は、チームの長期的なキャパシティと変化するビジネス目標に基づいて持続的にアイテムを追加したり、除去したりすることによって、チームの長期的な目標達成を支援します。Jira Software では、課題をドラッグアンドドロップすることによりユーザーストーリーやバグを複数選択してランク付けし、順番に並べることで、巨大なバックログをグルーミンできます。また、Jira Software の柔軟な検索機能を使用してフィルタリングし、特定のユーザーストーリーやバグを見つけることも可能です。

効率的なバックログの維持の仕方について学ぶ

アトラシアンのおかげで、弊社のソフトウェア開発ライフサイクル全体に、より多くのアジャイルプロセスを実際に推進することができました。— Mike Waldron、QA マネージャー、Starz