大規模なチームコラボレーション

Confluence Data Center は、現代のチームの働き方を変える、
自社ホスティング型のコンテンツコラボレーションソリューションです。

無料トライアル

購入する


作業を絶え間なく進める

チームが Confluence でドキュメントの作成、フィードバックのやり取り、作業の反復を行うとき、コミュニケーションの切れ目ない流れを維持することは必要不可欠です。Confluence Data Center のアクティブ-アクティブクラスタリングモデルは、ダウンタイムを最小限に抑え、24 時間中断のないアクセスをユーザーに提供するのに役立ちます。


大規模なチームでも一貫したパフォーマンスを実現

チームが大きくなり、より多くの仕事を Confluence で連携して行うようになるにつれて、迅速かつ簡単に拡張するための方法が必要になります。ノードを追加したり、負荷の配分を変更したりすることで、チームはパフォーマンスを犠牲にすることなく連携を続けることができます。

ビジネス継続性を確保

Confluence は、チームの作業を常に整理し、アクセス可能な状態にするための中心的な場所です。したがって、何か不具合が生じたときに、そうした作業の情報を失うわけにはいきません。Confluence Data Center を使用すれば、完全なディザスタリカバリ機能によって作業を保護できます。


みんなのためにつくられたソフトウェア

チームは変化し、成長していきます。Confluence Data Center は、チームの仕事の進め方をサポートし、あらゆるニーズに合わせてカスタマイズできる、柔軟性に優れたプラットフォームです。お客様自身でインフラストラクチャを選び、簡単で柔軟性のある管理機能を使ってアクセスを制御できます。

Data Center への備えはできていますか?

あなたのチームは Confluence Data Center に移行する準備が整っていると確信が持てますか? Confluence Data Center に移行すべきか判断するためのサインや、導入を自分のチーム (つまり上司) に提案するためのベストプラクティスについて、PDF をダウンロードして参考にしてください。 

PDF のダウンロード

購入する

組織全体でのコラボレーション

自社ホスティング型ソリューションの Confluence Data Center は、拡張性に優れ、中断のないアクセスを実現するため、大規模なチームにとってコラボレーションが容易になります。

高可用性

アクティブ-アクティブクラスタリングにより、ダウンタイムを最小限に抑え、中断のないアクセスをユーザーに提供。

予測可能なコスト

アーキテクチャ構成ではなく、ユーザー数によるライセンス供与。追加のライセンス費用が不要の拡張、バックアップ、環境構築。

並列ユーザー処理能力

Data Center クラスターにノードを追加することで、パフォーマンスを犠牲にすることなく、同時接続可能ユーザー数を即座に増強。

負荷分散

任意の業界標準ロードバランサー (ソフトウェアまたはハードウェア) を使用することで、インテリジェントに負荷を分散し、パフォーマンスを向上。

 

ディザスタリカバリ

システムまたは拠点の完全な機能停止に直面した場合でも、ビジネス継続性を確保し、目標復旧時間を達成。

コラボレーティブな編集

チームで下書きの共有、コンテンツの共同作成、フィードバックのやり取りをリアルタイムで行って、プロジェクトの進行を早いペースで維持。

あるとき、私たちは社員全員のコンテンツを Confluence に入れ始めました。技術、サポート、オペレーションのすべてのチームが、年中無休で情報にアクセスする必要があったのです。当時使用していたサーバーの能力が十分でないことはわかっていました。サーバーが 1 台しかない状況では、フェールオーバー環境も構築できませんでした。— Mitchell International、プロダクトマネージャー、Michela Baca 氏

Confluence Data Center

無料トライアル

購入する