閉じる

管理の役割

管理の役割

1. 組織管理者とは誰ですか?

組織管理者とは、組織の作成、ドメインの申請、申請したドメインに含まれる全ユーザーの管理 (アカウントプロファイル、メールアドレス、パスワードの変更を含む) を行うことのできる管理者です。組織管理者はまた、Atlassian Access サブスクリプションを通じて、組織のセキュリティポリシーを構成して適用することもできます。組織管理者になるためには、あらかじめ Atlassian Cloud サイトのサイト管理者に設定される必要があります。そのうえで、既存の組織管理者が新しいアカウントを新しい組織管理者として追加できます。

2. 管理の役割には他にどのようなタイプがありますか?

  • サイト管理者:Atlassian Cloud サイトで最高の管理権限を持っています。Atlassian Cloud インスタンスのオーナーと見なすことができます。
  • 管理者:対象の Atlassian Cloud サイトのアプリケーションにのみ管理者権限でアクセスできます。Atlassian Cloud アプリケーションの日常的な管理作業を行います。
  • 請求連絡先:請求の変更が通知されます。My Atlassian サイトを通じてサブスクリプションを管理できます。請求連絡先は、サービスの継続的な請求に関与します。

サイト管理者および管理者は Cloud サイト上で管理され、請求連絡先は My Atlassian 上で管理されます。アクティブユーザーのサイト管理者がいない場合、社内 IT チームに連絡して、前任者に関連付けられているメールアドレスへのアクセス権を付与してもらう必要があります。その後は、Atlassian Cloud インスタンスから [Unable to access your account? (アカウントにアクセスできない場合)] リンクを使用できます。

3. 管理対象ユーザーと請求対象ユーザーの違いは何ですか?

ドメインの検証が完了すると、そのドメインのユーザーのアトラシアンアカウントは「管理対象」アカウントになります。これによって組織管理者は、管理対象アカウントの名前とメールアドレスを管理できるようになります。組織管理者はまた、管理対象ユーザーを無効にすることもできます。無効にすると、すべての Atlassian Cloud 製品と、my.atlassian.com などのアトラシアンアカウントを使用する他のすべてのシステムへのアクセス権が削除されます (support.atlassian.com や community.atlassian.com など)。

請求対象アカウントは、Jira Software、Jira Core、Confluence、Bitbucket、Stride、および Jira Service Desk (エージェントのみ) へのアクセス権を持つ任意の管理対象アカウントです。Trello も数か月以内にサポート対象製品として追加されます。これらの製品のいずれかにアクセス権を持っているユーザーは、請求対象と見なされます。 

組織内の管理対象ユーザーの数は、請求対象ユーザーの数以上になります。すべての管理対象ユーザーが Atlassian Access サポート対象製品へのアクセス権を持っているとは限らないからです。

4. 組織管理者を追加または変更するにはどうすればよいですか?

すべての組織管理者は、admin.atlassian.com の中で他の組織管理者を追加または削除できます。  

  1. Atlassian Cloud サイト (Jira、Confluence、または Stride) の [Administration (管理)] エリアまたは admin.atlassian.com に移動します。
  2. 左側のナビゲーションパネルで、[Organizations & Security (組織とセキュリティ)] にある [Security (セキュリティ)] をクリックします (admin.atlassian.com に移動する場合、この手順はスキップします)。
  3. 左側のナビゲーションパネルで [Administrators (管理者)] を選択します。
  4. [Add administrators (管理者の追加)] ボタンを使って新しい管理者を追加し、組織管理者として確定します。管理者を削除するには、名前の右側にある「削除」ボタンを使用します。

注:組織管理者になるユーザーは、その時点ですでにサイト管理者である必要はありません。

5. Jira Service Desk のカスタマーは請求対象ですか?

いいえ、チケットを提出する Jira Service Desk のお客様は、Atlassian Access の請求対象にカウントされません。Atlassian Access 管理対象アカウントを使用してログインする Jira Service Desk エージェントだけが Atlassian Access の請求対象にカウントされます。

6. Atlassian Access の請求連絡先または技術連絡先を更新する方法を教えてください。

請求先および技術連絡先の管理は、My Atlassian サイトを通じて行います。これらの管理担当者を更新するための完全な手順は、このドキュメントをご確認ください。 

7. サブスクリプションに変更があった場合、誰に通知が届きますか?

有料サブスクリプションに登録されているお客様は、次回見積請求額が前回請求額より増えている場合、請求日の 3 日前に、すべての請求連絡先および技術連絡先の担当者にメールが送信されます。請求連絡先および技術連絡先の管理は、My Atlassian を通じて行うことができます。

Atlassian Access の評価

Atlassian Access の評価

1. Atlassian Access のトライアルの申し込みまたはサインアップの方法を教えてください。

Atlassian Access は Atlassian Cloud ユーザー全体で認証ポリシーとセキュリティポリシーを管理するためのツールであるため、Atlassian Access にサインアップするユーザーはサイト管理者である必要があります。

  1. Atlassian Cloud サイト (Jira、Confluence、または Stride) の [Administration (管理)] エリアに移動します。
  2. 左側のナビゲーションパネルで、[Organizations & Security (組織とセキュリティ)] にある [Security (セキュリティ)] をクリックします。
  3. 新しい組織の名前を入力して、組織を作成します。
  4. 次に、左側のナビゲーションパネルで [Domains (ドメイン)] をクリックして、[Verify domains (ドメインの検証)] 検証プロセスを開始します。詳細については、ドメインの検証をご覧ください。  
  5. 「Your domains have been verified! (ドメインが検証されました)」のメッセージが [Overview (概要)] ページに表示されたら、ドメインが検証されたことがわかります。ドメインが検証済みであるかどうかは、[Domains (ドメイン)] ページでも確認できます。 

ドメインの検証が終わったら、Atlassian Access のトライアル版にサインアップして、管理対象ユーザーに対して各種機能を使用できます。セキュリティポリシーを有効にする方法については、以下のリンクで詳しく説明しています。

2. トライアル期間はどれくらいありますか?

Atlassian Access のトライアル期間は 30 日間です。組織管理者がサブスクライブすると、トライアルが開始されます。Atlassian Access をサブスクライブできるのは、組織を作成し、ドメインを検証した後です。[30 日間無料トライアル] をクリックすると、トライアルが開始されます。組織管理者は、Atlassian Access のトライアルを開始した後、SAML シングルサインオン、2 段階認証、またはパスワードポリシーを構成する必要があります。

3. トライアル期間が終了するとどうなりますか?

組織管理者は、トライアル期間中の任意の時点でクレジットカード情報を入力できます。トライアル期間が終了すると、登録したカードに対して以降の各月のサブスクリプションについて自動的に請求が行われます。

年単位でのお支払いをご希望の場合は、お問い合わせください。クレジットカードまたは銀行振込 (日本では小切手には対応しておりません) でのお支払いが可能な見積書をご用意いたします。

トライアル期間終了後まもなくしてお支払いの受領を確認できなかった場合は、Atlassian Access のサブスクリプションを解除させていただきます。以下の変更が行われます。

  • 管理対象ユーザーは、SAML シングルサインオンでログインすることがなくなります。代わりに、各自のアトラシアンアカウントを使用してログインします。一部のユーザーには、各自のアトラシアンアカウントに対して新しいパスワードを設定する必要が生じる場合があります。
  • 2 段階認証は必須ではなくなります。したがって、管理対象ユーザーは各自のアトラシアンアカウントについて 2 段階認証をいつでも無効にできます。
  • Atlassian Access で作成されたパスワードポリシーは有効なままですが、更新または適用することはできなくなります。 

組織および検証済みドメインには、サブスクリプション解除による影響はありません。組織管理者は引き続き、管理対象ユーザーのアトラシアンアカウントを表示および更新できます。

4. トライアルまたはサブスクリプションをキャンセルするにはどうすればよいですか?

Atlassian Access のトライアルまたは有料サブスクリプションをキャンセルする場合は、組織管理者が以下の操作を行います。

  1. Atlassian Cloud サイト (Jira、Confluence、または Stride) の [Administration (管理)] エリアまたは admin.atlassian.com に移動します。
  2. 左側のナビゲーションパネルで、[Organizations & Security (組織とセキュリティ)] にある [Security (セキュリティ)] をクリックします (admin.atlassian.com に移動する場合、この手順はスキップします)。
  3. 左側のナビゲーションパネルで [Billing (請求)] を選択します。
  4. [Manage Subscriptions (サブスクリプションの管理)] パネルで、ドロップダウンから [Unsubscribe (サブスクリプション解除)] を選択し、「UNSUBSCRIBE」と入力して確定します。

SAML シングルサインオン、2 段階認証、およびパスワードポリシーの機能が直ちに停止され、以下の変更が行われます。

  • 管理対象ユーザーは、SAML シングルサインオンでログインすることがなくなります。代わりに、各自のアトラシアンアカウントを使用してログインします。一部のユーザーには、各自のアトラシアンアカウントに対して新しいパスワードを設定する必要が生じる場合があります。
  • 2 段階認証は必須ではなくなります。したがって、管理対象ユーザーは各自のアトラシアンアカウントについて 2 段階認証をいつでも無効にできます。
  • Atlassian Access で作成されたパスワードポリシーは有効なままですが、更新することはできなくなります。

月間サブスクリプション

月間サブスクリプションの料金設定

1. Atlassian Access の月額コストはどれくらいですか?

Atlassian Access の請求額は、Atlassian Access によってサポートされる製品 (Jira、Confluence、Stride、Bitbucket、Jira Service Desk (エージェント数)、および近日追加予定の Trello) のいずれかにアクセスするユニークユーザーの総数に基づいて計算されます。ユーザーは、自身がアクセス権を持つ製品またはサイトの数に関係なく、1 人の請求可能なユニークユーザーとしてカウントされます。

ユーザー数 ユーザーあたりの料金
100 ユーザーまで* $3/ユーザー
101-250 ユーザー $3/ユーザー
251 ~ 1,000 ユーザー $2/ユーザー
1,001 ユーザー以上 $1/ユーザー

* Atlassian Access にスターターライセンスはありません

2. 月額コストの計算方法を教えてください。

Atlassian Access では、Jira や Confluence Cloud と同じように累進的な料金設定を採用しています。基本料金は、最初の 250 ユーザーにつき 1 人あたり $3 です。251 ~ 1,000 ユーザーについては 1 人あたり $2、1,001 ユーザー以上については 1 人あたり $1 となります。スターターレベルはありませんので、1 ユーザーであれ 10 ユーザーであれ、最低料金は $30 です。

例:1,200 ユーザーの場合の月額コスト合計は $2,450 です。これは次のように計算されます。

  • 1 ~ 250 = $750 (250 x $3)
  • 251 ~ 1,000 = $1,500 (750 x $2)
  • 1,001 ~ 1,200 = $200 (200 x $1)

見積もりの算出には、Atlassian Access オンライン価格シミュレーターをご利用いただけます。

3. 月間サブスクリプションはどのように請求されますか?

請求期間の最終日に、組織内のユニークユーザーの数に基づいて、登録されたクレジットカードに対して自動的に請求が行われます。登録された連絡先担当者には、購入の確認書と支払い済み請求書が送られます。

月間サブスクリプションのユーザー管理

1. 月間サブスクリプションのユーザーを削除する方法を教えてください。

Atlassian Access の請求は、次のいずれかのサポートされている製品に対するアクセス権を管理対象アカウントが取得したときに発生します。

  • Jira Software
  • Jira Core
  • Jira Service Desk (エージェント数)
  • Confluence
  • Stride
  • Bitbucket
  • Trello (近日追加予定)

個々のサイト管理者は、各サイトの特定の Jira および Confluence インスタンスのユーザーを管理します。管理対象ユーザーを無効にする前に、組織の他のサイト管理者と連携することをおすすめします。

組織管理者は、ユーザーのアトラシアンアカウントを無効にして、アトラシアンアプリケーションへのアクセス権を削除することができます。ただし、無効にされたユーザーは、アトラシアンアカウントを使用して技術サポートチケットを起票することも、各自の my.atlassian.com アカウント、community.atlassian.com、およびその他の無料サービスにアクセスすることもできなくなることに注意してください。

Atlassian Access でユーザーのアトラシアンアカウントを無効にするには

  1. [Organization (組織)] > [Managed users (管理対象ユーザー)] に移動します (ユーザーのアトラシアンアカウントを管理するには、組織管理者である必要があります)。
  2. [Managed users (管理対象ユーザー)] 画面で、無効にしたいアカウントについて [Edit account (アカウントの編集)] を選択します。
  3. [Options (オプション)] で [Disable account (アカウントの無効化)] を選択します。この操作により、該当のユーザーはアトラシアンのすべてのクラウドアプリケーションとサービス (my.atlassian.com、support.atlassian.com、community.atlassian.com) にアクセスできなくなります。

無効になったアカウントは Atlassian Access の請求対象としてカウントされません。無効ユーザーのアカウントは、[managed user (管理対象ユーザー)] 画面からいつでも再有効化できます。

2. 自分の管理対象ユーザーの数を確認するにはどうすればよいですか?

ユーザーには、管理対象ユーザーと請求対象ユーザーの 2 種類があります。まず、管理対象ユーザーについて説明します。 

管理対象ユーザーを表示する場合、組織管理者は以下の操作を行います。 

  1. Atlassian Cloud サイト (Jira、Confluence、または Stride) の [Administration (管理)] エリアまたは admin.atlassian.com に移動します。
  2. 左側のナビゲーションパネルで、[Organizations & Security (組織とセキュリティ)] にある [Security (セキュリティ)] をクリックします (admin.atlassian.com に移動する場合、この手順はスキップします)。
  3. 左側のナビゲーションパネルで [Managed Users (管理対象ユーザー)] を選択します。

 

請求対象ユーザーは、以下の Cloud 製品に対するアクセス権を持つ管理対象ユーザーです。

  • Jira Software
  • Jira Core
  • Jira Service Desk (エージェント数)
  • Confluence
  • Stride
  • Bitbucket
  • Trello (近日追加予定)

請求対象ユーザーの合計数を確認する場合、組織管理者は以下の操作を行います。

  1. Atlassian Cloud サイト (Jira、Confluence、または Stride) の [Administration (管理)] エリアまたは admin.atlassian.com に移動します。
  2. 左側のナビゲーションパネルで、[Organizations & Security (組織とセキュリティ)] にある [Security (セキュリティ)] をクリックします (admin.atlassian.com に移動する場合、この手順はスキップします)。
  3. admin.atlassian.com で、左側のナビゲーションパネルの [Billing (請求)] をクリックします。
  4. [Bill Estimate (請求見積もり)] を選択すると、請求対象ユーザーの合計数と次回の請求見積もりが表示されます。

月間サブスクリプションの管理

1. 請求対象としてのユーザー数のカウントはどのように行われますか?

請求対象ユーザーは、Atlassian Access によってサポートされる次のいずれかの製品に対するアクセス権を持つ、任意の有効な管理対象ユーザーです。

  • Jira Software
  • Jira Core
  • Jira Service Desk (エージェント数)
  • Confluence
  • Stride
  • Bitbucket
  • Trello (近日追加予定)

ユーザーは、自身がアクセス権を持つ製品またはサイトの数に関係なく、すべての製品全体で 1 人の請求可能なユニークユーザーとしてカウントされます。特定の製品やサイトについて支払いを行うことはなく、各ユーザーについて 1 回の支払いが発生するだけです。 

2. 月間サブスクリプションではどのような支払い方法を利用できますか?

To ensure timely payment for monthly subscriptions, we're only able to accept payment via credit card (Visa, Master Card, and American Express)* or PayPal. 

*申し訳ございませんが、月次更新に Discover クレジットカードはご利用いただけません。 

3. 登録されているクレジットカードを更新するには、どうすればよいですか?

組織管理者は、登録されたクレジットカードを以下の方法で更新できます。

  1. Atlassian Cloud サイト (Jira、Confluence、または Stride) の [Administration (管理)] エリアまたは admin.atlassian.com に移動します。
  2. 左側のナビゲーションパネルで、[Organizations & Security (組織とセキュリティ)] にある [Security (セキュリティ)] をクリックします (admin.atlassian.com に移動する場合、この手順はスキップします)。
  3. admin.atlassian.com で、左側のナビゲーションパネルの [Billing (請求)] をクリックします。
  4. [Billing Details (請求の詳細)] を選択して、クレジットカードと請求先住所を更新します。

主請求連絡先の担当者も My Atlassian からカードを更新できます。

新しいカードへの請求は次の請求サイクルで行われます。

4. 二重請求された可能性はありますか?

場合によっては、カード発行会社が購入金額に相当する資金に対して信用照会を行います (資金を利用できなくします)。アトラシアンは取引を即時決済しますが、カード発行会社の方針によっては信用照会が完了するまで 1 ~ 5 日かかることがあります。

取引から 5 日たっても資金が利用可能な状態になっていない場合は、信用照会が終了する時期について、カード発行会社 (Visa/American Express/MasterCard/その他) にお問い合わせいただくことをお勧めします。

5. 年間サブスクリプションに切り替えるにはどうすればよいですか?

トライアル期間中に年間サブスクリプションに切り替えたい場合は、サブスクリプションの種類を切り替える手続きについてお問い合わせください。 

有料の月間サブスクリプションから年間サブスクリプションに切り替えたい場合、組織管理者は admin.atlassian.com の [billing (請求)] セクションに移動し、[Billing Details (請求の詳細)] をクリックします。次に、[Switch to an annual payment plan (年払いプランに切り替え)] リンクをクリックして年間見積もりを生成し、見積もりに従って後払いにするか、クレジットカードで即時決済するかを選択できます。

6. 月間請求額を減らすにはどのような方法がありますか?

月間の請求額を減らすには、いくつかの方法があります。

  • 年間サブスクリプションへの変更現在年間サブスクリプションは、毎年2ヶ月分が無料になる割引を提供しています。Learn how to convert to an annual subscription.
  • 組織内の他の Atlassian Cloud 製品についてサイト管理者に連絡し、該当する製品のユーザーベースが今もアクティブユーザーであることを確認します。サイト管理者は Atlassian Cloud 製品へのアクセス権を取得するユーザーについても支払いを行うので、通常は自身のユーザーを継続的に管理しています。組織内でアクティブでない管理対象ユーザーが特定された場合は、そのアトラシアンアカウントを無効にできます。 

年間サブスクリプション

年間サブスクリプションの料金設定

1. Atlassian Access の年間コストはどれくらいですか?

Atlassian Access の請求額は、Atlassian Access によってサポートされる製品 (Jira、Confluence、Stride、Bitbucket、Jira Service Desk (エージェント数)、および近日追加予定の Trello) のいずれかにアクセスするユニークユーザーの総数に基づいて計算されます。ユーザーは、自身がアクセス権を持つ製品またはサイトの数に関係なく、1 人の請求可能なユニークユーザーとしてカウントされます。

年間ユーザー階層 価格
1-10 ユーザー $300/年
11 ~ 15 ユーザー $450/年
16 ~ 25 ユーザー $750/年
26-50 ユーザー $1,500/年
51-100 ユーザー $3,000/年
101 ~ 200 ユーザー $6,000/年
201 ~ 300 ユーザー $8,500/年
301 ~ 400 ユーザー $10,500/年
401 ~ 500 ユーザー $12,500/年
501 ~ 600 ユーザー $14,500/年
601 ~ 800 ユーザー $18,500/年
801 ~ 1,000 ユーザー $22,500/年
1,001 ~ 1,200 ユーザー $24,500/年
1,201 ~ 1,400 ユーザー $26,500/年
1,401 ~ 1,600 ユーザー $28,500/年
1,601 ~ 1,800 ユーザー $30,500/年
1,801 ~ 2,000 ユーザー $32,500/年
2,001 ユーザー以上 $32,500 + 追加の 200 ユーザーごとに $2,000

 

2. 年間コストの計算方法を教えてください。

Atlassian Access では、Jira や Confluence Cloud と同じように累進的な料金設定を採用しているので、ユーザーの数が増えるに従ってより高い割引率が適用されます。

例:1,300 ユーザーの場合の年間コストは、次のように計算されます。

  • 1 ~ 250 = $750 (250 x $3)
  • 251 ~ 1,000 = $1,500 (750 x $2)
  • 1,001 ~ 1,200 = $200 (200 x $1)

Atlassian Access Online Calculator ツールを使用して、年間サブスクリプションの見積もりを算出してください。

3. 請求対象としてのユーザー数のカウントはどのように行われますか?

請求対象ユーザーは、Atlassian Access によってサポートされる次のいずれかの製品に対するアクセス権を持つ、任意の有効な管理対象ユーザーです。

  • Jira Software
  • Jira Core
  • Jira Service Desk (エージェント数)
  • Confluence
  • Stride
  • Bitbucket
  • Trello (近日追加予定) 

Atlassian Access の支払いは、ユーザーがアクセス権を持つ製品またはサイトの数に関係なく、各ユーザーについて 1 回発生するだけです。特定の製品やサイトについて支払いを行うことはありません。

4. 年間サブスクリプションはどのように請求されますか?

Atlassian Access の 1 年分のサブスクリプションを前払いでご購入いただく必要があります。年間サブスクリプションはユーザー数に基づいて計算され、現在、年率で 2 か月分相当の料金が無料になります。

年間サブスクリプションのユーザー管理

1. 年間サブスクリプションのユーザーを削除する方法を教えてください。

Atlassian Access の請求は、次のいずれかのサポートされている製品に対するアクセス権を管理対象アカウントが取得したときに発生します。

  • Jira Software
  • Jira Core
  • Jira Service Desk (エージェント数)
  • Confluence
  • Stride
  • Bitbucket
  • Trello (近日追加予定)

個々のサイト管理者は、各サイトの特定の Jira および Confluence インスタンスのユーザーを管理します。管理対象ユーザーを無効にする前に、組織の他のサイト管理者と連携することをおすすめします。

組織管理者は、ユーザーのアトラシアンアカウントを無効にして、アトラシアンアプリケーションへのアクセス権を削除することができます。ただし、無効にされたユーザーは、アトラシアンアカウントを使用して技術サポートチケットを起票することも、各自の my.atlassian.com アカウント、community.atlassian.com、およびその他の無料サービスにアクセスすることもできなくなることに注意してください。

Atlassian Access でユーザーのアトラシアンアカウントを無効にするには

  1. [Organization (組織)] > [Managed users (管理対象ユーザー)] に移動します (ユーザーのアトラシアンアカウントを管理するには、組織管理者である必要があります)。
  2. [Managed users (管理対象ユーザー)] 画面で、無効にしたいアカウントについて [Edit account (アカウントの編集)] を選択します。
  3. [Options (オプション)] で [Disable account (アカウントの無効化)] を選択します。この操作により、該当のユーザーはアトラシアンのすべてのクラウドアプリケーションとサービス (my.atlassian.comsupport.atlassian.comcommunity.atlassian.com) にアクセスできなくなり、Atlassian Access のユーザー数としてカウントされなくなります。

無効ユーザーのアカウントは、[managed user (管理対象ユーザー)] ページからいつでも再有効化できます。

2. 自分が管理している Atlassian Access ユーザーの数を確認するにはどうすればよいですか?

請求対象ユーザーの合計数を確認する場合、組織管理者は以下の操作を行います。

  1. Atlassian Cloud サイト (Jira、Confluence、または Stride) の [Administration (管理)] エリアまたは admin.atlassian.com に移動します。
  2. 左側のナビゲーションパネルで、[Organizations & Security (組織とセキュリティ)] にある [Security (セキュリティ)] をクリックします (admin.atlassian.com に移動する場合、この手順はスキップします)。
  3. admin.atlassian.com で、左側のナビゲーションパネルの [Billing (請求)] をクリックします。
  4. [Bill Estimate (請求見積もり)] を選択すると、請求対象ユーザーの合計数と次回の請求見積もりが表示されます。

年間サブスクリプションの管理

1. 追加ユーザーの見積りを依頼するにはどうすればよいですか?

現時点では、My Atlassian アカウントや admin.atlassian.com 内でのアップグレード見積もりの作成はできません。アップグレード見積もりを依頼するには、お問い合わせください。    

2. 年間支払いプランの見積もりを依頼するにはどうすればよいですか?

  • 評価カスタマー:30 日間のトライアル期間中、組織管理者は必要なユーザー数の年間見積もりについてお問い合わせいただけます。  
  • 月間サブスクリプションカスタマー:組織管理者は admin.atlassian.com の [Billing (請求)] セクションに移動し、[Billing Details (請求の詳細)] をクリックします。次に、[Switch to an annual payment plan (年払いプランに切り替え)] リンクをクリックして年間見積もりを生成し、見積もりに従って後払いにするか、クレジットカードで即時決済するかを選択できます。

更新日にアップグレードまたはダウングレードすることをご検討中のお客様は、お問い合わせフォームで当社にご連絡ください。 

3. 年間サブスクリプションにはどのような支払い方法がありますか?

お支払いは、クレジットカードまたは銀行振込で行うことができます (日本では郵送小切手および ACH (自動決済機関) には対応しておりません)。お支払いの詳細は、正式な見積書の最初のページおよびアトラシアンの [How To Pay (支払い方法)] ページに記載されています。

4. 見積もりや支払い済み請求書はどこで表示/ダウンロードできますか?

組織管理者は、admin.atlassian.com の [Billing History (請求履歴)] ページで請求書を閲覧できます。主請求連絡先および技術連絡先の担当者は、My Atlassian から請求書と見積書を閲覧できます。

5. 年間サブスクリプションの更新を希望する場合はどうすればよいですか?

主請求連絡先および技術連絡先の担当者には、請求期間最終日の 60 日前に更新見積書が送られます。これらの担当者は My Atlassian から更新見積書を取得することもできます。

更新日にアップグレードまたはダウングレードすることをご検討中のお客様は、お問い合わせフォームで当社にご連絡ください。

6. 更新期間中にユーザー数が増えた場合はどうなりますか?

組織管理者は、admin.atlassian.com の [Manage Subscriptions (サブスクリプションの管理)] ページで許諾ユーザー数をいつでも監視できます。許諾ユーザーの最大数を増やす必要がある場合は、アップグレード見積もりについてお問い合わせください。   

サブスクリプションの解除と返金

サブスクリプションの解除と返金

1. Atlassian Access のサブスクリプションを解除する方法を教えてください。

Atlassian Access のトライアルまたは有料サブスクリプションを解除する場合は、組織管理者が以下の操作を行います。

  1. Atlassian Cloud サイト (Jira、Confluence、または Stride) の [Administration (管理)] エリアまたは admin.atlassian.com に移動します。
  2. 左側のナビゲーションパネルで、[Organizations & Security (組織とセキュリティ)] にある [Security (セキュリティ)] をクリックします (admin.atlassian.com に移動する場合、この手順はスキップします)。
  3. 左側のナビゲーションパネルで [Billing (請求)] を選択します。
  4. [Manage Subscriptions (サブスクリプションの管理)] パネルで、ドロップダウンから [Unsubscribe (サブスクリプション解除)] を選択し、「UNSUBSCRIBE」と入力して確定します。

SAML シングルサインオン、2 段階認証、およびパスワードポリシーの機能が直ちに停止され、以下の変更が行われます。

  • 管理対象ユーザーは、SAML シングルサインオンでログインすることがなくなります。代わりに、各自のアトラシアンアカウントを使用してログインします。一部のユーザーには、各自のアトラシアンアカウントに対して新しいパスワードを設定する必要が生じる場合があります。
  • 2 段階認証は必須ではなくなります。したがって、管理対象ユーザーは各自のアトラシアンアカウントについて 2 段階認証をいつでも無効にできます。
  • Atlassian Access で作成されたパスワードポリシーは有効なままですが、更新することはできなくなります。

2. Atlassian Access のサブスクリプションを解除するとどうなりますか?

Atlassian Access のサブスクリプションを解除すると、以下の変更が直ちに有効になります。

  • 管理対象ユーザーは、SAML シングルサインオンでログインすることがなくなります。代わりに、各自のアトラシアンアカウントを使用してログインします。一部のユーザーには、各自のアトラシアンアカウントに対して新しいパスワードを設定する必要が生じる場合があります。
  • 2 段階認証は必須ではなくなります。したがって、管理対象ユーザーは各自のアトラシアンアカウントについて 2 段階認証をいつでも無効にできます。
  • Atlassian Access で作成されたパスワードポリシーは有効なままですが、更新することはできなくなります。

組織および検証済みドメインには、サブスクリプション解除による影響はありません。組織管理者は引き続き、管理対象ユーザーのアトラシアンアカウントを表示、管理、および更新できます。

3. Atlassian Access の返金手続きはどのようになっていますか?

Atlassian Access の返金対象は、月間サブスクリプションのトライアル期間後に有料となる最初の 1 か月以内、および年間サブスクリプションのお支払い後の 30 日以内に限られます。この期間が経過すると、返金対象外となります。

4. Atlassian 製品およびサービス間でのクレジットの移動はできますか?

Atlassian Server 製品と Cloud 製品は相互交換できず、初回購入時から 30 日を経過すると返金対象外となります。詳細については、Atlassian Cloud の返金に関する FAQ をご覧ください。

利用規約

1. サービス利用規約はどうなっていますか?

Use of Atlassian Cloud is governed by the Atlassian Terms of Service and Product Specific Terms.

2. 利用規約を変更できますか?

Within Atlassian's current price structure, we're unable to make any changes to the Atlassian Terms of Service. If you consider our pricing model and the costs of creating and managing individual agreements with each of our customers, you can begin to understand our position.

Maintaining a standard Terms of Service with all of our customers allows us to focus our resources on meeting our obligations under these agreements. Do keep in mind of course that our Terms of Service have been very carefully authored to be fair to both you and us.