ナレッジ マネジメント / ウェビナー

ナレッジセンターを活用したサポートの利点

ナレッジセンターを活用したサポート (KCS) の採用には、質的にも量的にも利点があります。KCS を実践している企業からは、運用コスト、インシデントやリクエストの解決状況、顧客満足度、仕事の満足度の飛躍的な改善、さらにトレーニング時間の大幅な削減が報告されています。

IT サービス管理エキスパートの John Custy 氏が説明する、KCS が非常に効果的である理由と、KCS があなたとチームメイトにどのような違いをもたらすかを学びます。 

Q & A

Q:古くなったコンテンツをクリーンアップするには、どのようにナレッジをキュレートしますか?

A:KCS プラクティスを使っている場合、誰かが記事に「触る」たびにキュレーションが発生します。古くなった記事は必要に応じてアーカイブされますが、検索結果には表示されないため、アーカイブする理由はパフォーマンスの問題か廃止のみです。使われていない記事でも、いつか「似た」課題が生じた場合にコンテンツが役立つ可能性があります。

Q: Are there plug-ins you recommend for KCS in Confluence and Jira?

A:はい。こうしたことのために Confluence Questions が開発されました。 

著者について

Caroline Clark

Product Marketing Manager, Jira Service Desk

Caroline Clark is a Product Marketing Manager at Atlassian. She has been doing product marketing within the enterprise collaboration software space for about three years. During working hours she's passionate about learning and promoting how customers use Atlassian's tools (especially Jira Service Desk), both through interviewing customers and writing content. She grew up in New York City and currently lives in San Francisco. In her free time you can find her reading non fiction or attempting a new recipe. Tweet at Caroline: @carolinedclark

さらに詳しく
Jira Service Desk logo

より多くの問題をさらに素早く解決

無料トライアル
Confluence logo

Create and collaborate

無料トライアル