DevOps / ウェビナー

DevOps のアプローチで IT サポートを実行する方法

How do you make your IT more iterative and responsive? How do you increase collaboration between support and development?

High-performing IT orgs are 2x more likely to exceed productivity goals.

- Puppet Labs 社の DevOps 状況レポート 2015

Bringing DevOps principles into your IT support and engineering teams dramatically improves service quality, team morale, problem-solving and business productivity.

In this webinar, ITSM expert John Custy shows you how to apply DevOps principles to your IT org. This presentation is for anyone involved in the support and development of IT systems and services. The keys to higher-performing services are so simple, they might surprise you.

このウェビナーで学習する内容:

  • IT プロジェクトおよび社内の開発プロジェクトの取りまとめに関するベストプラクティス
  • How to bridge development and IT.
  • Key metrics for tracking DevOps success.

今すぐウェビナーを見る

Q&A

受講者から寄せられた質問の中から上位 7 個を当社の Q&A チームが選びました。この記事では、それらの質問にお答えします。ぜひご覧ください!

1. How would DevOps be run in an organization with a head of Engineering and a head of IT?

最初の課題は、エンジニアリングチームと IT チームの各マネージャーに一連の共通目標に同意してもらうことです。たとえばエンジニアリングチームには、信頼性に関する目標をいくつか設定してもらう必要があります。重要なのは、サイクル全体における各グループの責任を明らかにすることです。

2. We are moving our IT applications to the cloud - would we still use the ITIL framework or should we shift to DevOps?

You would continue to use the ITIL framework. However, the ITIL framework doesn't really address a lot of software development activities. It tends to address the design, but doesn't get into development. Here, you wolud bring the concepts of lean and agile to ensure all development projects are done in a timely manner. It's ideal that you bring the two together. One question many people have is, "Is ITIL lean or agile? Or is it just very bureaucratic?" By design, ITIL is agile. The problem is how it's practiced, which might make it bureaucratic. But, that's not the way the ITIL framework was designed to be implemented.

3. 開発者が本番サーバーにアクセスする必要はありますか?

通常は必要ありません。ただし、この質問は次の 3 つの実践方法を思い起こさせてくれます。継続的インテグレーションでは、開発者が共有リポジトリにコードをコミットします。継続的デリバリーでは、継続的なテストを実施します。継続的デリバリーは自動化する必要があります。最後に、継続的デプロイメントでは、本番環境へのデプロイを実施します。私なら、開発者がサーバーに直接アクセスできるようにはしません。その理由は、適切な管理方法を取り入れなければならないからです。私たちにはゲートが必要ですが、既知の条件を設定してそれらのゲートを自動化し、通過できるようにしておくべきです。ゲートは、ブロックしたり、遅延を発生させたりしてはなりませんが、重要なチェックポイントになります。 

4. 継続的デリバリーと継続的デプロイメントの違いは何ですか?

継続的デリバリーとは、ソフトウェアを常にリリース可能な状態にすることです。継続的デプロイメントとは、すべての変更を実際にデプロイされている状態にすることです。継続的デリバリーは「デプロイする準備ができている」、継続的デプロイメントは「変更をインフラストラクチャに実際にデプロイしている」と考えることができます。この質問だけでもウェビナーで説明する価値がありますが、これが最もシンプルな答えです。

5. At what size does an organization need to implement DevOps?

The core DevOps principles apply to the smallest team up to larger organizations, like Amazon, Netflix, Google with thousands of developers. The differences might be in how much automation you have or how many different sets of tools you have. But culture, flow, feedback, communication, collaboration, continual experimentation - those apply to one person, three people, five people.. all the way up to 20,000 people. How formal the controls are will obviously be less with a smaller organization. 

6. What tools do you recommend for a DevOps-oriented IT org?

There are tons of vendors out there and everyday, they're changing. I like looking at tools for their purpose. Look at tools for automated testing, understanding changes, monitoring, dashboards, production logs, measuring process efficiency, compliance, incident tracking, knowledge. If you're looking for tools, ask yourself these questions: Does it work in our environment? Does it meet our needs? Do the tools work together as a comprehensive, cohesive toolset? Atlassian's products integrate together and can be used in a DevOps environment. Use Jira Service Desk for incident and change management, Jira Software for software development, Bitbucket for your code repository and Hipchat for team communication. The great thing about Hipchat is its integrations with monitoring applications and bots that wil even run automated tests, deployments and environment setup.

7. What should IT support be automating?

IT サポートが自動化できる領域は 3 つあります。1 つ目はワークフローです。プロセス全体を通してチケットの転送を高速化することができます。2 つ目はナレッジです。インシデントの発生時に、サービス管理ツールがナレッジを検索して、関連する記事を見つけます。3 つ目はエスカレーションです。自動化を行うことで、IT チームは従来のエスカレーションの考え方を超えて、よりインテリジェントなものにすることができます。1 人または 2 人しか解決することができない問題が発生することも少なくありません。しかし、このようなエキスパートにすぐにエスカレーションするのではなく、従来のエスカレーションパスを辿って、事前定義された一連の手順を実行します。よりスマートなツールでは、対象分野の専門家を自動的に見つけてエスカレーションすることができます。 

Try Jira Service Desk for free
著者について

Sarah Khogyani

Product Marketing Manager, Jira Service Desk

私は 3 年間、IT ソフトウェアの販売促進を行い、ナレッジマネジメントに関する専門知識を磨いてきました。人々が知識を効果的に活用して生産性を上げられるよう、手助けすることに大きなやりがいを感じています。カリフォルニア大学バークレー校を卒業し、カリフォルニアに住んでいます。ベアーズの大ファンです。Twitter アカウント: @sarahzora

 

さらに詳しく
Jira Service Desk logo

より多くの問題をさらに素早く解決

無料トライアル