DevOps / ウェビナー

アトラシアンによる DevOps の実践方法

DevOps とは、開発チームと運用チーム間のコラボレーションおよびコミュニケーションを促進するムーブメントです。これは、ツールや製品ではありません。DevOps の最も重要な成功要因は文化です。その目的は、イノベーションを促進し、カスタマーエクスペリエンスを向上させることにあります。

25,000 人の技術者を対象に調査を実施した「DevOps 状況レポート 2016」によると、DevOps を実践しているチームでは以下を実現しています。

  • デプロイメントの頻度の向上 (200 倍以上)
  • 変更の失敗率の低下 (1/3 以下)
  • リカバリの高速化 (24 倍以上)

アトラシアンでの DevOps の実践方法を紹介するウェビナーをご覧いただき、当社の製品を使用して、コラボレーションの促進、イノベーションの活性化、リリース頻度の向上、継続的な品質改善を実現してください。

このウェビナーでは、次の方法について学習します。

  • アトラシアンのツールスタックとそのエコシステムを利用して、DevOps のコラボレーション環境をサポートする。
  • 製品およびインフラストラクチャを構築する。
  • Bamboo、Bitbucket、Puppet を使用して継続的デリバリーを実現する。
  • Track incidents, problems and changes across development and IT teams with Jira Software and Jira Service Desk.
  • Monitor services proactively with Hipchat integrated with monitoring tools (New Relic, DataDog, Nagios, Splunk, and more).
  • Confluence でナレッジとインシデント後のレビュー (PIR) を共有する。
  • Give developers a customer feedback loop with Jira Service Desk.

今すぐウェビナーを見る

以下のセクションに進む

アトラシアンでの製品の構築方法 (パート 2)

アトラシアンでのインフラストラクチャの構築方法 (パート 3)

アトラシアンでのインシデントの対処方法 (パート 4)

アトラシアンでの DevOps の実践方法 - Q&A (パート 5)

DevOps のジャーニーを始める
著者について

Sarah Khogyani

Product Marketing Manager, Jira Service Desk

私は 3 年間、IT ソフトウェアの販売促進を行い、ナレッジマネジメントに関する専門知識を磨いてきました。人々が知識を効果的に活用して生産性を上げられるよう、手助けすることに大きなやりがいを感じています。カリフォルニア大学バークレー校を卒業し、カリフォルニアに住んでいます。ベアーズの大ファンです。Twitter アカウント: @sarahzora

 

さらに詳しく
Jira Software logo

プロジェクト / 課題管理

無料トライアル
Jira Service Desk logo

より多くの問題をさらに素早く解決

無料トライアル