ベストプラクティス & トレンド / ウェビナー

Twitter がメールサポートを 80 % 削減した方法

何回かメールのやり取りをするだけなら問題なさそうに見えますが、会社が成長するにつれ、社内のサービスデスクは従業員からのメールリクエストであふれかえり、優先順位付け、分類、割り当て、移管などができなくなります。その結果、チケットの紛失、エージェントの時間の浪費、不満を抱えた従業員が生じます。

Join the ranks of Twitter, Vistaprint, Halogenics, and Puppet Labs in reducing the inefficiencies of email support by investing in a service desk. With Jira Service Desk, they can get all the right information faster, automatically route tickets to the right people and resolve tickets faster. 

ウェビナーを見る

 

2017 年には、1 日に 1,320 億件のビジネスメールが送受信されるでしょう。この記事を読み終わる頃には、さらに 200 億件のビジネスメールが作成されているでしょう。E メールは、コミュニケーションの中心的な手段です。やり取りをするにはすばらしい手段ですが、社内サポートなど、拡張性のないビジネスの中でも E メールは頻繁に使われています。

30 分で、以下を学びます。

  • Atlassian Labs からの独占データによると、E メールだけでのカスタマーサポートは高くつく
  • Twitter、社内サポートの拡張で課題に直面
  • Twitter、メールサポートを 80 % 削減
  • Twitter、財務、人事、その他の部門にわたり、サービスデスクを 112 に拡大
著者について

Caroline Clark

Product Marketing Manager, Jira Service Desk

Caroline Clark is a Product Marketing Manager at Atlassian. She has been doing product marketing within the enterprise collaboration software space for about three years. During working hours she's passionate about learning and promoting how customers use Atlassian's tools (especially Jira Service Desk), both through interviewing customers and writing content. She grew up in New York City and currently lives in San Francisco. In her free time you can find her reading non fiction or attempting a new recipe. Tweet at Caroline: @carolinedclark

さらに詳しく
Jira Service Desk logo

より多くの問題をさらに素早く解決

無料トライアル