バージョン管理とは

バージョン管理とは 

バージョン管理システムは、ソフトウェアのチームが時間をかけてソースコードへの変更を管理するのに役立つソフトウェアツールのカテゴリーです。バージョン管理ソフトウェアは、特殊な種類のデータベースのコードに対するすべての変更を追跡します。ミスが発生した場合、開発者は時間を遡って古いバージョンのコードを比較し、すべてのチームメンバーへの混乱を最小限に抑えながらミスを修正するのに役立ちます。

ほとんどのソフトウェアプロジェクトでは、ソースコードは王冠の宝石のように、価値を保護しなければならない貴重な資産です。ほとんどのソフトウェアチームにとって、ソースコードは開発者が慎重に収集し、調整した問題ドメインに関する、かげがえのない知識と理解のリポジトリです。バージョン管理は、人為的ミスや不用意な結果による大災害と意図しない劣化の両方からコードを保護します。

チームで作業するソフトウェア開発者は、継続的に新しいソースコードを記述し、既存のソースコードを変更しています。プロジェクト、アプリケーションまたはソフトウェアコンポーネントのコードは、通常、フォルダ構造または「ファイルツリー」で構成されています。チームの 1 人の開発者が新しい機能に取り組んでる間、別の開発者はコードを変更して関係のないバグを修正していることができます。それぞれの開発者はファイルツリーのいくつかの部分に変更を加えることができます。

バージョン管理はチームがこれらの問題を解決し、各担当者による個別の変更すべてを追跡し、同時作業によって競合が発生するのを防ぎます。ソフトウェアの一部に加えられた変更は、同時に作業する別の開発者による変更と互換性がない場合があります。この問題は、残りのチームの作業をブロックすることなく、整然と検出し、解決される必要があります。さらに、すべてのソフトウェア開発では、あらゆる変更は新しいバグにつながる可能性があるため、新しいソフトウェアはテストを行うまで信頼することはできません。そのため、新しいバージョンの準備が整うまで、テストと開発を一緒に進めます。

優れたバージョン管理ソフトウェアは、特定の作業方法 1 つを強いることなく、開発者の優先ワークフローをサポートします。開発者が使用しなければならないオペレーティングシステムやツールチェーンを支持するのではなく、すべてのプラットフォームでも機能するのが理想的です。優れたバージョン管理システムは、他のメンバーの進捗状況をブロックするという犠牲を払って、1 人の開発者に青信号を提供する、面倒で不器用なファイルロックメカニズムを使用するのではなく、コードに対するスムーズで継続的な変更フローを促進します。

あらゆる形のバージョン管理を使用していないソフトウェアのチームは、加えられた変更のどれをユーザーが利用できるかがわからない、2つの無関係な部分の間で互換性のない変更が作成されてしまい、苦労して解読したりやり直す必要がでるという事態によく遭遇します。バージョン管理を使用したことがない開発者なら、「最終」または「最新」などのサフィックスを付けてファイルにバージョンを追加するかもしれません。その後、新しい最終バージョンで後から処理する必要があります。おそらく、あとで使用する可能性があるので、あなたはコードを削除せずに特定の機能を無効にしたかったため、コードブロックをコメントアウトするでしょう。バージョン管理によってこれらの問題をなくすことができます。

バージョン管理ソフトウェアは現代のソフトウェアチームの専門業務に日常的に欠かせないものです。 チームにおいて優れたバージョン管理システムで作業することに慣れている個々のソフトウェア開発者は、一般的に小さな単独のプロジェクトでさえも、バージョン管理することに計り知れない価値があることを認識しています。バージョン管理システムの強力なメリットに慣れてしまうと、多くの開発者はソフトウェア以外のプロジェクトであっても、バージョン管理システムなしで作業することは考えられなくなります。

バージョン管理のメリット

バックアップを作成しないなど、バージョン管理を使用せずにソフトウェアを開発することは非常に危険です。また、バージョン管理を行うことで、開発者はより素早く動くことができるため、ソフトウェアチームはチームの規模を拡大して開発者を増やしても、効率性と俊敏性を維持することができます。

バージョン管理システム(VCS)は、過去数十年にわたり大きく改善され、ており、いくつかは他のものより優れています。VCS は、SCM (ソースコード管理) ツールまたは RCS (リビジョン管理システム) として知られている場合もあります。現在使用されているものの中で最も人気のある VCS ツールの 1 つが Git です。Git は、分散型 VCS であり、DVCS としてよく知られるカテゴリーです。現在利用可能な多くの大手 VCS システムのように、Git は無料のオープンソースです。呼ばれ方や使用しているシステムに関係なく、バージョン管理から期待される主なメリットは次のとおりです。

  1. すべてのファイルでの完全な長期的変更履歴。これは、長年にわたり、多くの個人によって行われたすべての変更を意味します。変更には、ファイルの作成や削除、内容の編集が含まれます。VCS ツールが異なると、ファイルの名前変更や移動の処理方法も異なります。履歴には作成者、日付、および各変更の目的に関する注釈も含む必要があります。完全な履歴を持つことで、以前のバージョンに戻ってバグの根本原因分析に役立てることができます。また、ソフトウェアの古いバージョンで問題を修正する場合がある場合にも非常に重要です。ソフトウェアでの作業が積極的に行われている場合、ほぼすべてをソフトウェアの「旧バージョン」とみなすことができます。

  2. ブランチングとマージ。チームメンバーが同時に作業することは簡単ではありませんが、各個人が一人で作業していても、変更の独立ストリームで作業するの恩恵を受けることができます。VCSツールで「ブランチ」を作成すると、複数の作業ストリームを互いに独立させたまま、あとで作業を容易にマージでき、開発者は各ブランチの変更が競合しないことを検証することができます。多くのソフトウェアチームは、各機能のブランチ、または各リリースのブランチ、またはその両方の実践を適用します。チームが VCS でブランチやマージの容易性を活用する方法を決定する際、多くのワークフローの選択肢があります。

  3. トレーサビリティ。ソフトウェアに加えられた各変更を追跡し、それらをプロジェクト管理およびバグ修正ソフトウェア (JIRA など) に接続できる機能、および変更の目的と意図を説明するメッセージと共に、各変更を注釈できる機能は、根本原因分析やその法科学に役立ちます。コードを読み、それが何を行っているか、およびそのように設計されている理由を理解しようとしている場合、指先でコードの注釈付き履歴があることで、開発者はシステムの意図された長期的な設計に従い、正確で調和のとれた変更を行うことができます。これは特に、レガシーコードで効果的に作業するために重要であり、開発者が任意の精度で将来の作業を予測できるようにするために不可欠です。

バージョン管理を使用せずにソフトウェアを開発することも可能ですが、その場合、プロのチームには許容されないであろう大きなリスクに晒されることになります。そのため、バージョン管理を使用するかどうかではなく、どのバージョン管理システムを使用するかが問題になります。

多くの選択肢がありますが、ここでは、Git のみに焦点を当てます。

Git を学習する準備はできていますか?

この対話式チュートリアルを利用しましょう。

今すぐ始める