git add

変更を作業ディレクトリからステージングエリアに移動します。これによって、公式履歴にコミットする前にスナップショットを作成する機会が与えられます。

Saving changes: git add Learn Git with Bitbucket Cloud: Copy your Git repository and add files ブランチを使用する: git merge リポジトリを調べる: git status

git ブランチ

このコマンドは汎用のブランチ管理ツールです。これによって、単一のリポジトリ内に複数の独立した開発環境を作成できます。

Using Branches: git branch ブランチを使用する: git checkout ブランチを使用する: git merge Learn Git with Bitbucket Cloud: Use a Git branch to merge a file

Git checkout

git checkout は、古いコミットや古いファイル リビジョンのチェックアウトに加え、既存のブランチを操作する手段でもあります。基本的な Git コマンドと組み合わせると、特定の開発ラインで作業を行う手段となります。

ブランチを使用する: git checkout Undoing Changes: git checkout ワークフローを比較する: Gitflow ワークフロー

git clean

作業ディレクトリから追跡対象外ファイルを削除します。これは、(通常)追跡対象ファイルのみに作用する git reset と論理的に対をなすコマンドです。

Undoing Changes: git clean

git clone

既存の Git リポジトリのコピーを作成します。クローニングは、開発者が中央リポジトリのコピーを作業用として入手する最も一般的な方法です。

Git LFS ワークフローを比較する:フォーク型ワークフロー リポジトリをセットアップする: git clone

git commit

ステージされたスナップショットを作成し、プロジェクト履歴にコミットします。git add とともに、すべての Git ユーザーが使用するワークフローの基本を形づくります。

ブランチを使用する: git merge 履歴を書き換える: git commit --amend Learn Git with Bitbucket Cloud: Copy your Git repository and add files Saving changes: git add

Git commit --amend

git commit に --amend フラグを渡すことにより、直前のコミットを修正できます。ファイルをステージし忘れたり、コミットメッセージから重要な情報を削除したりする場合に非常に便利です。

履歴を書き換える: git commit --amend

git config

A convenient way to set configuration options for your Git installation. You’ll typically only need to use this immediately after installing Git on a new development machine.

Setting up a repository: git config Git LFS Install Git: Install Git on Mac OS X Install Git: Install Git on Linux

git fetch

フェッチすることによって、他のリポジトリからブランチがダウンロードされ、それに関連するすべてのコミットとファイルも一緒にダウンロードされます。しかし、これによってローカルリポジトリに何かが統合されることはありません。フェッチは、自分のプロジェクトにブランチをマージする前に、変更を確認する機会を与えてくれます。

同期する: git fetch Refs and the Reflog: Refspecs Syncing: git pull

git init

Initializes a new Git repository. If you want to place a project under revision control, this is the first command you need to learn.

Setting up a repository: git init

git log

プロジェクトの以前のリビジョンを探査できます。コミット済みのスナップショットを表示する出力形式として、いくつかのオプションが用意されています。

Inspecting a repository: git log 高度な Git ログ:コミット履歴にフィルターをかける Advanced Git log: Formatting Log Output Advanced Git Tutorials: Overview

Git merge

分岐したブランチから変更を統合する強力な手段です。git branch でプロジェクト履歴をフォークした後、git merge によって、再び 1 つの履歴に戻すことができます。

Merging vs. Rebasing: Workflow Walkthrough ブランチを使用する: git merge ワークフローを比較する: Gitflow ワークフロー マージとリベース:考え方の概要

git pull

Pulling is the automated version of git fetch. It downloads a branch from a remote repository, then immediately merges it into the current branch. This is the Git equivalent of svn update.

Syncing: git pull ワークフローを比較する:集中型ワークフロー Git LFS ワークフローを比較する:フォーク型ワークフロー

Git のプッシュ

Pushing is the opposite of fetching (with a few caveats). It lets you move a local branch to another repository, which serves as a convenient way to publish contributions. This is like svn commit, but it sends a series of commits instead of a single changeset.

同期する: git push Refs and the Reflog: Refspecs ワークフローを比較する: Gitflow ワークフロー Git LFS

Git rebase

リベースによって、ブランチを移動させることができ、不必要なマージコミットが避けられます。リベースの結果、履歴が直線的になるため、たいていの場合、履歴を理解し、探査するのがずっと楽になります。

Merging vs. Rebasing: Workflow Walkthrough Rewriting history: git rebase -i マージとリベース:考え方の概要 履歴を書き換える: git rebase

git rebase -i

-i フラグを使用すると、対話型リベースセッションが開始されます。これによって、通常のリベースを使うメリットがすべて得られるとともに、リベースの過程でコミットの追加、編集、削除を行うことができます。

Rewriting history: git rebase -i

git reflog

Git は reflog と呼ばれる仕組みを用いて、ブランチの先端に対する更新を常に追跡します。チェンジセットがブランチやタグのいずれからも参照されていない場合でも、この reflog によってそのチェンジセットに戻ることができます。

Rewriting history: git reflog

git remote

A convenient tool for administering remote connections. Instead of passing the full URL to the fetch, pull, and push commands, it lets you use a more meaningful shortcut.

同期する: git remote

Git のリセット

Undoes changes to files in the working directory. Resetting lets you clean up or completely remove changes that have not been pushed to a public repository.

変更を元に戻す: git reset Reset, Checkout, and Revert: Commit-level Operation リセット、チェックアウト、リバート:ファイルレベルの操作 Undoing Changes: git clean

Git revert

Undoes a committed snapshot. When you discover a faulty commit, reverting is a safe and easy way to completely remove it from the code base.

Undoing Changes: git revert Reset, Checkout, and Revert: Commit-level Operation Reset, Checkout, and Revert: Summary

git status

作業ディレクトリとステージされたスナップショットの状態を表示します。このコマンドを git add および git commit とあわせて実行すると、次のスナップショットに含まれるファイルを正確に把握できます。

リポジトリを調べる: git status git stash Learn Git with Bitbucket Cloud: Use a Git branch to merge a file Learn Git with Bitbucket Cloud: Copy your Git repository and add files

Git を学習する準備はできていますか?

この対話式チュートリアルを利用しましょう。

今すぐ始める