Illumina では Atlassian を使用して遺伝子の配列にアクセスできるようにしています


Industry

ヘルスケア & ライフサイエンス

場所

カリフォルニア州サンディエゴ

製品

Jira Software Data Center

Confluence Data Center

Illumina の使命は、ゲノムの力の解放による人の健康の向上です。この使命のあくなき追求を通して、同社はゲノム配列を解析し、遺伝子の変異や機能を分析する革新的な技術を開発しています。2014 年、Illumina は、人の全ゲノム配列の解析にかかる費用を 2001 年時点の 100 万ドルから 1,000 ドルまで大幅に削減し、ゲノミクスにおける大きな障壁を破りました。MIT Technology Review から世界で最もスマートな企業に選ばれた Illumina は、アトラシアンを活用してゲノム配列の解析を良心的な価格で利用できるようにしています。

同社は、Jira Software Data Center と Confluence Data Center を使って、ソフトウェア開発の管理、およびお客様がゲノム配列データの解析に使用するアプリケーションのテストの管理だけでなく、データにアクセスするクラウドベースプラットフォームも提供しています。「アトラシアンは、より短期間で効率的にソフトウェアを開発するのに役立っています。結果として、ツールの開発にかかる時間と費用が減っています。」Illumina のスタッフソフトウェアプロジェクトマネージャー、Huw Morgan 氏はこう話しています。

アトラシアンの活用による、ドキュメントの作成および承認時間の短縮

ソフトウェアプロジェクトを開始するにはまず、ビジネスオーナーが Confluence で市場要求仕様書 (MRD) を作成します。次に、米国、英国、カナダ、シンガポールのチームが Jira を使って共同作業を開始します。その作業状況は、Confluence を介して自動的に関係者へ通知されます。

「コラボレーションと承認にアトラシアンを使うことで、開発プロセスにかかる日数を短縮できました。」と、Morgan 氏は話しています。合意ができたら、要件を Jira のプロジェクトに置き換えます。開発とテストが終わると、永続的な記録として設計履歴ファイルを Confluence でロックダウンします。

他のチームも Jira と Confluence を採用

それまで「ソフトウェア開発」ツールを使っていなかった Illumina の他のチームも、アトラシアンを活用することの価値に気付きました。一部のチームは Jira を使って、ソフトウェア以外のことに対するリクエストを追跡しています。「複数のメールや Excel ドキュメントを使っていたプロセスを Jira で追跡できるようになり、確認や報告が簡単になりました。」と、Morgan 氏は話しています。

マーケティングチームも仲間に加わっています。「アジャイルなマーケティングチームを作るために Confluence と Jira を活用しています。」Illumina のビジネスマネージャー、Ilya Chorny 氏はこう話しています。現在、同社では 2,000 人近くの従業員が Jira と Confluence を利用しています。 


コラボレーションと承認にアトラシアンを使うことで、開発プロセスにかかる日数を短縮できました。— Huw Morgan 氏、Illumina スタッフソフトウェアプロジェクトマネージャー