閉じる

プレカンファレンストレーニングと認定資格


アトラシアン認定インストラクターから詳しい指導を受け、スキルアップを図りましょう。また、自分に合った認定資格や試験の対策コースを選べます—すべてのコースがカンファレンス開始前に受講できます。

Jira Software でのアジャイル開発認定資格準備ワークショップ

このコースは、経験豊富なアジャイル実践者向けです。Jira Software でのアジャイル開発に関する ACP 認定資格試験に備えるのに必要なすべてのツールを提供します。

試験で想定される問題や試験対策のポイントを詳しく学び、問題作成者による重要なトピックに関する技術的なディスカッションを聞きます。すべての試験題材を網羅した、包括的なビジネスケースに基づく参考書をお渡しします。また試験のサンプル問題にアクセスできます。

中級
$250

トレーニングを追加する

Jira | Confluence の連携

Jira と Confluence を連携させて、2 つのアプリケーションにまたがってプロジェクトを円滑に管理する方法を学びます。製品要件を明確にし、Jira のエピック、ストーリー、課題を作成し、Confluence から離れることなくこれらを製品要件に直接リンクさせる方法を学びます。このコースは、スプリントの開始から終了まで、プロジェクトを管理する方法を説明するシナリオをベースとしています (アジャイルの経験は必須ではありません)。このコースでは、システム管理の観点から Confluence と Jira を連携させることについては取り扱いません。

入門
$500

トレーニングを追加する

認定資格試験

サミットで ACP 認定資格試験を受け、$200を節約しましょう。試験はすべて簡単ではないため、ご自身の経験に関わらず試験対策を行うことを強くおすすめします。認定資格準備コースについてはこちらをご確認ください。試験について詳しくは、[認定資格のウェブページ] (https://www.atlassian.com/university/certification) をご覧ください。

中級から上級
$150

トレーニングを追加する

Jira | Confluence の連携

Jira と Confluence を連携させて、2 つのアプリケーションにまたがってプロジェクトを円滑に管理する方法を学びます。製品要件を明確にし、Jira のエピック、ストーリー、課題を作成し、Confluence から離れることなくこれらを製品要件に直接リンクさせる方法を学びます。このコースは、スプリントの開始から終了まで、プロジェクトを管理する方法を説明するシナリオをベースとしています (アジャイルの経験は必須ではありません)。このコースでは、システム管理の観点から Confluence と Jira を連携させることについては取り扱いません。

入門
$500

トレーニングを追加する

Jira 管理者認定資格準備ワークショップ

このワークショップは、経験豊富な Jira 管理者向けです。Jira 管理者認定資格試験の対策を計画的に実施します。試験で想定される問題や試験対策のポイントを詳しく学び、問題作成者による重要なトピックに関する技術的なディスカッションを聞きます。すべての試験題材を網羅した、包括的なビジネスケースに基づく参考書をお渡しします。またビジネスケースに基づくラボでの演習を行い、試験のサンプル問題にアクセスできます。

上級
$250

トレーニングを追加する

認定資格試験

サミットで ACP 認定資格試験を受け、$200を節約しましょう。試験はすべて簡単ではないため、ご自身の経験に関わらず試験対策を行うことを強くおすすめします。認定資格準備コースについてはこちらをご確認ください。試験について詳しくは、[認定資格のウェブページ] (https://www.atlassian.com/university/certification) をご覧ください。

中級から上級
$150

トレーニングを追加する

Jira ワークフローの詳細

このコースでは、Jira ワークフローを構成し、カスタマイズする方法を学びます。投稿機能、条件、バリデータおよび、よく使用されるステータスと移行プロパティなどのワークフローの機能について学びます。Jira 管理者が日常的に経験する、実際のビジネスにおけるシナリオから得られた一般的要件に対するソリューションを特定する作業を行います。クラスの終わりには、利用可能なすべてのワークフロー機能を活用して、より効果的な Jira ワークフローを構築できるようになります。このコースは、Jira 管理者認定資格を取得するための準備コースです。

Cloud をご利用のお客様も任意でこのコースを受けることができます。このコースで Jira ワークフローについて学ぶ内容は、Jira Cloud に応用できます。ただし、このコースで取り扱う UI やナビゲーションは、Cloud 製品とは異なります。この点をご了承いただける場合、受講することをおすすめします。

中級
$750

トレーニングを追加する

Jira 管理パート 1: 始めよう

Jira 管理パート 1 は、Jira Software、Jira Service Desk、Jira Core のいずれかを利用しており、初めて Jira 管理者になる方にとって、概要を学べる最適なコースです。ユーザー管理、グローバルパーミッション、プロジェクトパーミッション、プロジェクトの役割、および問題タイプ、ワークフロー、スクリーンの構成など、Jira 管理のトピックに関する有益な概要を学びます。スキームを活用することでプロジェクト構成を共有する方法も学びます。このコースでは、Jira 管理の理解に役立つビジネスでのさまざまな使用事例を紹介し、各トピックのベストプラクティスを取り上げます。このコースは、Jira 管理者認定資格を取得するための準備コースです。

Cloud をご利用のお客様も任意でこのコースを受けることができます。このコースの学習内容は Jira Cloud に応用できます。ただし、異なる点がいくつかあります。Cloud プラットフォームでは、ユーザーとグループの管理がサイト管理と呼ばれる場所に移動しました。このコースでは、新しい次世代プロジェクトとその管理については取り上げません。また、このコースで取り扱う UI やナビゲーションは、Cloud 製品とは異なります。この点をご了承いただける場合、受講することをおすすめします。

入門から中級
$750

トレーニングを追加する

Jira 管理パート 2: レベルアップ

このコースは、受講をおすすめする Jira 管理に関する 2 部構成コースのパート 2 です。パート 1 で取り上げた管理タスクを掘り下げ、Jira Software と Jira Core に焦点を当てます。このコースでは、より複雑なスキーム (パート 1 ではパーミッションと通知スキームのみを取り上げました)、より上級のワークフロー構成、ボードとスプリントの権限について学びます。このコースは、組織が一連の構成とスキームを作成し、新規プロジェクトと進行中の既存プロジェクトに適用するケーススタディに基づき構成されています。実例とベストプラクティスを学べます。このコースは、Jira 管理者認定資格を取得するための準備コースです。

Cloud をご利用のお客様も任意でこのコースを受けることができます。このコースの学習内容は Jira Cloud に応用できます。ただし、異なる点がいくつかあります。このコースでは、新しい次世代プロジェクトとその管理については取り上げません。また、このコースで取り扱う UI やナビゲーションは、Cloud 製品とは異なります。この点をご了承いただける場合、受講するメリットがあります。

中級
$750

トレーニングを追加する

Portfolio for Jira でプランニング

Portfolio for Jira について詳しく学びたい場合は、このコースを受講してください。アトラシアンで最も強力な、Jira Software 用アプリについて詳しく紹介します。Portfolio for Jira の概要、製品の仕組みの包括的概要、ベストプラクティスを学べます。このコースでは、Jira Software での作業に基づくロードマップを構築し、リリース日を予測し、チームのキャパシティを管理し、これら重要なトピックに関するレポートを作成し、利害関係者と共有する方法を説明します。また、ハンズオンラボを利用できるため、サンプルデータを使用してポートフォリオ計画を立てたり、改善したりする機会があります。Jira Portfolio を活用して複数のチームやプロジェクトにまたがる業務を管理し、レポートするためのしっかりとした基礎を学べます。

Cloud をご利用のお客様も任意でこのコースを受けることができます。このコースで Portfolio for Jira について学ぶ内容は、Jira Cloud に応用できます。ただし、このコースで取り扱う UI やナビゲーションは、Cloud 製品とは異なります。この点をご了承いただける場合、受講することをおすすめします。

中級
$750

トレーニングを追加する

Jira Server でのプロジェクト管理 (認定資格バウチャー付き)

Jira Server でのプロジェクト管理認定資格試験の対策コースです。Jira でプロジェクトを管理し構成する方法と、Jira 管理者と効果的に連携する方法を学びます。Jira Software Server でのプロジェクトの作成、構成、保守に利用するタスクとベストプラクティスも学びます。このコースでは、プロジェクト管理者ができること以上のトピックを網羅しています。これにより、プロジェクト管理者が Jira 管理者とどう連携しているか、またシステム全体の健全性をどう維持しているかをより深く理解することができます。Jira のスーパーユーザーとプロジェクト管理者向けに設計されたコースですが、将来的に Jira 管理認定資格を取得したいと考えている Jira 管理者の入門としても適しています。このコースでは、オンライン試験を受けるための認定資格バウチャーをお渡ししています。

入門から中級
$750

トレーニングを追加する

Jira のレポートとダッシュボードの機能

このコースは、Jira ダッシュボードとレポートを利用したことのない方を対象としています。Jira の難しい設定なしですぐに使用できるレポート機能とダッシュボード機能を使用して、進捗とプロジェクト内の障害を確認して評価する方法を学びます。ハンズオン演習では、プロジェクトダッシュボードを作成、構成し、ダッシュボードのガジェットの構成方法を学びます。Jira Software のレポートの読み方、ウォールボードの構成方法、マルチプロジェクトダッシュボードの作成方法も学びます。また、ダッシュボードのベストプラクティスと落とし穴、レポートが正しいタイミングで正しい指標を反映しているか確認する方法について検討します。このコースを受講することで、完全にカスタマイズ可能なダッシュボードにプロジェクトのステータスをビジュアルで表示する、Jira の役立つ主な機能を活用できるようになります。このコースは、Jira Software でのアジャイル開発認定資格を取得するための準備コースです。

Cloud をご利用のお客様も任意でこのコースを受けることができます。このコースで Jira レポートとダッシュボードについて学ぶ内容は、Jira Cloud に応用できます。ただし、このコースで取り扱う UI やナビゲーションは、Cloud 製品とは異なります。この点をご了承いただける場合、受講することをおすすめします。

中級
$750

トレーニングを追加する

Jira Software でのアジャイル開発認定資格準備ワークショップ

このコースは、経験豊富なアジャイル実践者向けです。Jira Software でのアジャイル開発に関する ACP 認定資格試験に備えるのに必要なすべてのツールを提供します。

試験で想定される問題や試験対策のポイントを詳しく学び、問題作成者による重要なトピックに関する技術的なディスカッションを聞きます。すべての試験題材を網羅した、包括的なビジネスケースに基づく参考書をお渡しします。また試験のサンプル問題にアクセスできます。

中級
$250

トレーニングを追加する

Jira | Confluence の連携

Jira と Confluence を連携させて、2 つのアプリケーションにまたがってプロジェクトを円滑に管理する方法を学びます。製品要件を明確にし、Jira のエピック、ストーリー、課題を作成し、Confluence から離れることなくこれらを製品要件に直接リンクさせる方法を学びます。このコースは、スプリントの開始から終了まで、プロジェクトを管理する方法を説明するシナリオをベースとしています (アジャイルの経験は必須ではありません)。このコースでは、システム管理の観点から Confluence と Jira を連携させることについては取り扱いません。

入門
$500

トレーニングを追加する

認定資格試験

サミットで ACP 認定資格試験を受け、$200を節約しましょう。試験はすべて簡単ではないため、ご自身の経験に関わらず試験対策を行うことを強くおすすめします。認定資格準備コースについてはこちらをご確認ください。試験について詳しくは、[認定資格のウェブページ] (https://www.atlassian.com/university/certification) をご覧ください。

中級から上級
$150

トレーニングを追加する

Jira | Confluence の連携

Jira と Confluence を連携させて、2 つのアプリケーションにまたがってプロジェクトを円滑に管理する方法を学びます。製品要件を明確にし、Jira のエピック、ストーリー、課題を作成し、Confluence から離れることなくこれらを製品要件に直接リンクさせる方法を学びます。このコースは、スプリントの開始から終了まで、プロジェクトを管理する方法を説明するシナリオをベースとしています (アジャイルの経験は必須ではありません)。このコースでは、システム管理の観点から Confluence と Jira を連携させることについては取り扱いません。

入門
$500

トレーニングを追加する

Jira 管理者認定資格準備ワークショップ

このワークショップは、経験豊富な Jira 管理者向けです。Jira 管理者認定資格試験の対策を計画的に実施します。試験で想定される問題や試験対策のポイントを詳しく学び、問題作成者による重要なトピックに関する技術的なディスカッションを聞きます。すべての試験題材を網羅した、包括的なビジネスケースに基づく参考書をお渡しします。またビジネスケースに基づくラボでの演習を行い、試験のサンプル問題にアクセスできます。

上級
$250

トレーニングを追加する

認定資格試験

サミットで ACP 認定資格試験を受け、$200を節約しましょう。試験はすべて簡単ではないため、ご自身の経験に関わらず試験対策を行うことを強くおすすめします。認定資格準備コースについてはこちらをご確認ください。試験について詳しくは、[認定資格のウェブページ] (https://www.atlassian.com/university/certification) をご覧ください。

中級から上級
$150

トレーニングを追加する

Jira ワークフローの詳細

このコースでは、Jira ワークフローを構成し、カスタマイズする方法を学びます。投稿機能、条件、バリデータおよび、よく使用されるステータスと移行プロパティなどのワークフローの機能について学びます。Jira 管理者が日常的に経験する、実際のビジネスにおけるシナリオから得られた一般的要件に対するソリューションを特定する作業を行います。クラスの終わりには、利用可能なすべてのワークフロー機能を活用して、より効果的な Jira ワークフローを構築できるようになります。このコースは、Jira 管理者認定資格を取得するための準備コースです。

Cloud をご利用のお客様も任意でこのコースを受けることができます。このコースで Jira ワークフローについて学ぶ内容は、Jira Cloud に応用できます。ただし、このコースで取り扱う UI やナビゲーションは、Cloud 製品とは異なります。この点をご了承いただける場合、受講することをおすすめします。

中級
$750

トレーニングを追加する

Jira 管理パート 1: 始めよう

Jira 管理パート 1 は、Jira Software、Jira Service Desk、Jira Core のいずれかを利用しており、初めて Jira 管理者になる方にとって、概要を学べる最適なコースです。ユーザー管理、グローバルパーミッション、プロジェクトパーミッション、プロジェクトの役割、および問題タイプ、ワークフロー、スクリーンの構成など、Jira 管理のトピックに関する有益な概要を学びます。スキームを活用することでプロジェクト構成を共有する方法も学びます。このコースでは、Jira 管理の理解に役立つビジネスでのさまざまな使用事例を紹介し、各トピックのベストプラクティスを取り上げます。このコースは、Jira 管理者認定資格を取得するための準備コースです。

Cloud をご利用のお客様も任意でこのコースを受けることができます。このコースの学習内容は Jira Cloud に応用できます。ただし、異なる点がいくつかあります。Cloud プラットフォームでは、ユーザーとグループの管理がサイト管理と呼ばれる場所に移動しました。このコースでは、新しい次世代プロジェクトとその管理については取り上げません。また、このコースで取り扱う UI やナビゲーションは、Cloud 製品とは異なります。この点をご了承いただける場合、受講することをおすすめします。

入門から中級
$750

トレーニングを追加する

Jira 管理パート 2: レベルアップ

このコースは、受講をおすすめする Jira 管理に関する 2 部構成コースのパート 2 です。パート 1 で取り上げた管理タスクを掘り下げ、Jira Software と Jira Core に焦点を当てます。このコースでは、より複雑なスキーム (パート 1 ではパーミッションと通知スキームのみを取り上げました)、より上級のワークフロー構成、ボードとスプリントの権限について学びます。このコースは、組織が一連の構成とスキームを作成し、新規プロジェクトと進行中の既存プロジェクトに適用するケーススタディに基づき構成されています。実例とベストプラクティスを学べます。このコースは、Jira 管理者認定資格を取得するための準備コースです。

Cloud をご利用のお客様も任意でこのコースを受けることができます。このコースの学習内容は Jira Cloud に応用できます。ただし、異なる点がいくつかあります。このコースでは、新しい次世代プロジェクトとその管理については取り上げません。また、このコースで取り扱う UI やナビゲーションは、Cloud 製品とは異なります。この点をご了承いただける場合、受講するメリットがあります。

中級
$750

トレーニングを追加する

Portfolio for Jira でプランニング

Portfolio for Jira について詳しく学びたい場合は、このコースを受講してください。アトラシアンで最も強力な、Jira Software 用アプリについて詳しく紹介します。Portfolio for Jira の概要、製品の仕組みの包括的概要、ベストプラクティスを学べます。このコースでは、Jira Software での作業に基づくロードマップを構築し、リリース日を予測し、チームのキャパシティを管理し、これら重要なトピックに関するレポートを作成し、利害関係者と共有する方法を説明します。また、ハンズオンラボを利用できるため、サンプルデータを使用してポートフォリオ計画を立てたり、改善したりする機会があります。Jira Portfolio を活用して複数のチームやプロジェクトにまたがる業務を管理し、レポートするためのしっかりとした基礎を学べます。

Cloud をご利用のお客様も任意でこのコースを受けることができます。このコースで Portfolio for Jira について学ぶ内容は、Jira Cloud に応用できます。ただし、このコースで取り扱う UI やナビゲーションは、Cloud 製品とは異なります。この点をご了承いただける場合、受講することをおすすめします。

中級
$750

トレーニングを追加する

Jira Server でのプロジェクト管理 (認定資格バウチャー付き)

Jira Server でのプロジェクト管理認定資格試験の対策コースです。Jira でプロジェクトを管理し構成する方法と、Jira 管理者と効果的に連携する方法を学びます。Jira Software Server でのプロジェクトの作成、構成、保守に利用するタスクとベストプラクティスも学びます。このコースでは、プロジェクト管理者ができること以上のトピックを網羅しています。これにより、プロジェクト管理者が Jira 管理者とどう連携しているか、またシステム全体の健全性をどう維持しているかをより深く理解することができます。Jira のスーパーユーザーとプロジェクト管理者向けに設計されたコースですが、将来的に Jira 管理認定資格を取得したいと考えている Jira 管理者の入門としても適しています。このコースでは、オンライン試験を受けるための認定資格バウチャーをお渡ししています。

入門から中級
$750

トレーニングを追加する

Jira のレポートとダッシュボードの機能

このコースは、Jira ダッシュボードとレポートを利用したことのない方を対象としています。Jira の難しい設定なしですぐに使用できるレポート機能とダッシュボード機能を使用して、進捗とプロジェクト内の障害を確認して評価する方法を学びます。ハンズオン演習では、プロジェクトダッシュボードを作成、構成し、ダッシュボードのガジェットの構成方法を学びます。Jira Software のレポートの読み方、ウォールボードの構成方法、マルチプロジェクトダッシュボードの作成方法も学びます。また、ダッシュボードのベストプラクティスと落とし穴、レポートが正しいタイミングで正しい指標を反映しているか確認する方法について検討します。このコースを受講することで、完全にカスタマイズ可能なダッシュボードにプロジェクトのステータスをビジュアルで表示する、Jira の役立つ主な機能を活用できるようになります。このコースは、Jira Software でのアジャイル開発認定資格を取得するための準備コースです。

Cloud をご利用のお客様も任意でこのコースを受けることができます。このコースで Jira レポートとダッシュボードについて学ぶ内容は、Jira Cloud に応用できます。ただし、このコースで取り扱う UI やナビゲーションは、Cloud 製品とは異なります。この点をご了承いただける場合、受講することをおすすめします。

中級
$750

トレーニングを追加する

Jira 管理パート 1: 始めよう

Jira 管理パート 1 は、Jira Software、Jira Service Desk、Jira Core のいずれかを利用しており、初めて Jira 管理者になる方にとって、概要を学べる最適なコースです。ユーザー管理、グローバルパーミッション、プロジェクトパーミッション、プロジェクトの役割、および問題タイプ、ワークフロー、スクリーンの構成など、Jira 管理のトピックに関する有益な概要を学びます。スキームを活用することでプロジェクト構成を共有する方法も学びます。このコースでは、Jira 管理の理解に役立つビジネスでのさまざまな使用事例を紹介し、各トピックのベストプラクティスを取り上げます。このコースは、Jira 管理者認定資格を取得するための準備コースです。

Cloud をご利用のお客様も任意でこのコースを受けることができます。このコースの学習内容は Jira Cloud に応用できます。ただし、異なる点がいくつかあります。Cloud プラットフォームでは、ユーザーとグループの管理がサイト管理と呼ばれる場所に移動しました。このコースでは、新しい次世代プロジェクトとその管理については取り上げません。また、このコースで取り扱う UI やナビゲーションは、Cloud 製品とは異なります。この点をご了承いただける場合、受講することをおすすめします。

入門から中級
$750

トレーニングを追加する

Jira 管理: Service Desk の利用を始める

このコースは、Jira Service Desk のプロジェクトを稼働させるのに必要な基礎を学べます。取り上げるトピックには、カスタマーポータルの構成とブランディング、サービスチームのキューと SLA の作成、ナレッジベースの関連付け、参加者のサービスデスクへの追加などがあります。このコースでは、Jira Service Desk 管理の理解に役立つ、ビジネスでのさまざまな使用事例を紹介し、各トピックのベストプラクティスを取り上げます。このコースは、Jira Service Desk 管理者認定資格を取得するための準備コースです。

Cloud をご利用のお客様も任意でこのコースを受けることができます。このコースの学習内容は Jira Service Desk Cloud に応用できます。ただし、このコースで取り扱う一部の UI やナビゲーションは、Cloud 製品とは異なります。この点をご了承いただける場合、受講することをおすすめします。

入門から中級
$750

トレーニングを追加する

Jira 管理パート 1: 始めよう

Jira 管理パート 1 は、Jira Software、Jira Service Desk、Jira Core のいずれかを利用しており、初めて Jira 管理者になる方にとって、概要を学べる最適なコースです。ユーザー管理、グローバルパーミッション、プロジェクトパーミッション、プロジェクトの役割、および問題タイプ、ワークフロー、スクリーンの構成など、Jira 管理のトピックに関する有益な概要を学びます。スキームを活用することでプロジェクト構成を共有する方法も学びます。このコースでは、Jira 管理の理解に役立つビジネスでのさまざまな使用事例を紹介し、各トピックのベストプラクティスを取り上げます。このコースは、Jira 管理者認定資格を取得するための準備コースです。

Cloud をご利用のお客様も任意でこのコースを受けることができます。このコースの学習内容は Jira Cloud に応用できます。ただし、異なる点がいくつかあります。Cloud プラットフォームでは、ユーザーとグループの管理がサイト管理と呼ばれる場所に移動しました。このコースでは、新しい次世代プロジェクトとその管理については取り上げません。また、このコースで取り扱う UI やナビゲーションは、Cloud 製品とは異なります。この点をご了承いただける場合、受講することをおすすめします。

入門から中級
$750

トレーニングを追加する

Jira | Confluence の連携

Jira と Confluence を連携させて、2 つのアプリケーションにまたがってプロジェクトを円滑に管理する方法を学びます。製品要件を明確にし、Jira のエピック、ストーリー、課題を作成し、Confluence から離れることなくこれらを製品要件に直接リンクさせる方法を学びます。このコースは、スプリントの開始から終了まで、プロジェクトを管理する方法を説明するシナリオをベースとしています (アジャイルの経験は必須ではありません)。このコースでは、システム管理の観点から Confluence と Jira を連携させることについては取り扱いません。

入門
$500

トレーニングを追加する

認定資格試験

サミットで ACP 認定資格試験を受け、$200を節約しましょう。試験はすべて簡単ではないため、ご自身の経験に関わらず試験対策を行うことを強くおすすめします。認定資格準備コースについてはこちらをご確認ください。試験について詳しくは、[認定資格のウェブページ] (https://www.atlassian.com/university/certification) をご覧ください。

中級から上級
$150

トレーニングを追加する

Jira | Confluence の連携

Jira と Confluence を連携させて、2 つのアプリケーションにまたがってプロジェクトを円滑に管理する方法を学びます。製品要件を明確にし、Jira のエピック、ストーリー、課題を作成し、Confluence から離れることなくこれらを製品要件に直接リンクさせる方法を学びます。このコースは、スプリントの開始から終了まで、プロジェクトを管理する方法を説明するシナリオをベースとしています (アジャイルの経験は必須ではありません)。このコースでは、システム管理の観点から Confluence と Jira を連携させることについては取り扱いません。

入門
$500

トレーニングを追加する

認定資格試験

サミットで ACP 認定資格試験を受け、$200を節約しましょう。試験はすべて簡単ではないため、ご自身の経験に関わらず試験対策を行うことを強くおすすめします。認定資格準備コースについてはこちらをご確認ください。試験について詳しくは、[認定資格のウェブページ] (https://www.atlassian.com/university/certification) をご覧ください。

中級から上級
$150

トレーニングを追加する

Jira | Confluence の連携

Jira と Confluence を連携させて、2 つのアプリケーションにまたがってプロジェクトを円滑に管理する方法を学びます。製品要件を明確にし、Jira のエピック、ストーリー、課題を作成し、Confluence から離れることなくこれらを製品要件に直接リンクさせる方法を学びます。このコースは、スプリントの開始から終了まで、プロジェクトを管理する方法を説明するシナリオをベースとしています (アジャイルの経験は必須ではありません)。このコースでは、システム管理の観点から Confluence と Jira を連携させることについては取り扱いません。

入門
$500

トレーニングを追加する

認定資格試験

サミットで ACP 認定資格試験を受け、$200を節約しましょう。試験はすべて簡単ではないため、ご自身の経験に関わらず試験対策を行うことを強くおすすめします。認定資格準備コースについてはこちらをご確認ください。試験について詳しくは、[認定資格のウェブページ] (https://www.atlassian.com/university/certification) をご覧ください。

中級から上級
$150

トレーニングを追加する

Jira | Confluence の連携

Jira と Confluence を連携させて、2 つのアプリケーションにまたがってプロジェクトを円滑に管理する方法を学びます。製品要件を明確にし、Jira のエピック、ストーリー、課題を作成し、Confluence から離れることなくこれらを製品要件に直接リンクさせる方法を学びます。このコースは、スプリントの開始から終了まで、プロジェクトを管理する方法を説明するシナリオをベースとしています (アジャイルの経験は必須ではありません)。このコースでは、システム管理の観点から Confluence と Jira を連携させることについては取り扱いません。

入門
$500

トレーニングを追加する

認定資格試験

サミットで ACP 認定資格試験を受け、$200を節約しましょう。試験はすべて簡単ではないため、ご自身の経験に関わらず試験対策を行うことを強くおすすめします。認定資格準備コースについてはこちらをご確認ください。試験について詳しくは、[認定資格のウェブページ] (https://www.atlassian.com/university/certification) をご覧ください。

中級から上級
$150

トレーニングを追加する

Confluence 管理

この新しいコースは、現在準備中です。12 月により詳しい説明を投稿する予定です。概略で、ページレイアウト、ページの制限、ラベル、マクロなど、スーパーユーザーに関するトピックを含める予定です。エキスポート、ページ管理、スペース権限、ブループリント、テンプレートなど、スペース管理に関するトピックも網羅します。また、グローバルパーミッション、ユーザーとグループの管理、主要な構成設定など、クラシック管理機能について学びます。このコースは、Confluence 認定資格を取得するための準備コースです。

中級
$750

トレーニングを追加する

Jira Software でのアジャイル開発認定資格準備ワークショップ

このコースは、経験豊富なアジャイル実践者向けです。Jira Software でのアジャイル開発に関する ACP 認定資格試験に備えるのに必要なすべてのツールを提供します。

試験で想定される問題や試験対策のポイントを詳しく学び、問題作成者による重要なトピックに関する技術的なディスカッションを聞きます。すべての試験題材を網羅した、包括的なビジネスケースに基づく参考書をお渡しします。また試験のサンプル問題にアクセスできます。

中級
$250

トレーニングを追加する

認定資格試験

サミットで ACP 認定資格試験を受け、$200を節約しましょう。試験はすべて簡単ではないため、ご自身の経験に関わらず試験対策を行うことを強くおすすめします。認定資格準備コースについてはこちらをご確認ください。試験について詳しくは、[認定資格のウェブページ] (https://www.atlassian.com/university/certification) をご覧ください。

中級から上級
$150

トレーニングを追加する

Jira 管理者認定資格準備ワークショップ

このワークショップは、経験豊富な Jira 管理者向けです。Jira 管理者認定資格試験の対策を計画的に実施します。試験で想定される問題や試験対策のポイントを詳しく学び、問題作成者による重要なトピックに関する技術的なディスカッションを聞きます。すべての試験題材を網羅した、包括的なビジネスケースに基づく参考書をお渡しします。またビジネスケースに基づくラボでの演習を行い、試験のサンプル問題にアクセスできます。

上級
$250

トレーニングを追加する

認定資格試験

サミットで ACP 認定資格試験を受け、$200を節約しましょう。試験はすべて簡単ではないため、ご自身の経験に関わらず試験対策を行うことを強くおすすめします。認定資格準備コースについてはこちらをご確認ください。試験について詳しくは、[認定資格のウェブページ] (https://www.atlassian.com/university/certification) をご覧ください。

中級から上級
$150

トレーニングを追加する

Jira Software でのアジャイル開発認定資格準備ワークショップ

このコースは、経験豊富なアジャイル実践者向けです。Jira Software でのアジャイル開発に関する ACP 認定資格試験に備えるのに必要なすべてのツールを提供します。

試験で想定される問題や試験対策のポイントを詳しく学び、問題作成者による重要なトピックに関する技術的なディスカッションを聞きます。すべての試験題材を網羅した、包括的なビジネスケースに基づく参考書をお渡しします。また試験のサンプル問題にアクセスできます。

中級
$250

トレーニングを追加する

認定資格試験

サミットで ACP 認定資格試験を受け、$200を節約しましょう。試験はすべて簡単ではないため、ご自身の経験に関わらず試験対策を行うことを強くおすすめします。認定資格準備コースについてはこちらをご確認ください。試験について詳しくは、[認定資格のウェブページ] (https://www.atlassian.com/university/certification) をご覧ください。

中級から上級
$150

トレーニングを追加する

Jira 管理者認定資格準備ワークショップ

このワークショップは、経験豊富な Jira 管理者向けです。Jira 管理者認定資格試験の対策を計画的に実施します。試験で想定される問題や試験対策のポイントを詳しく学び、問題作成者による重要なトピックに関する技術的なディスカッションを聞きます。すべての試験題材を網羅した、包括的なビジネスケースに基づく参考書をお渡しします。またビジネスケースに基づくラボでの演習を行い、試験のサンプル問題にアクセスできます。

上級
$250

トレーニングを追加する

認定資格試験

サミットで ACP 認定資格試験を受け、$200を節約しましょう。試験はすべて簡単ではないため、ご自身の経験に関わらず試験対策を行うことを強くおすすめします。認定資格準備コースについてはこちらをご確認ください。試験について詳しくは、[認定資格のウェブページ] (https://www.atlassian.com/university/certification) をご覧ください。

中級から上級
$150

トレーニングを追加する

DevOps Simulation Workshop

このワークショップは豊富な演習が含まれ、組織が DevOps の変革の際に直面する実務上および文化的な課題に取り組み、自社での DevOps 移行に役立つ実用的なアドバイスを提供します。

参加者はチームに分けられ、それぞれビジネス、開発者、プロダクト所有者、インフラストラクチャ運用、スクラムマスター、テスター、サービスデスクの役割を与えられます。チームは新しいアプリケーション/サービスを提供し、既存のアプリケーション/サービスを運用するシミュレーションを 3 ラウンド行います。ラウンドごとに、チームは次の項目について採点されます。

  • Ability to deliver business impact
  • Ability to ship better software
  • 市場に出すまでの時間
  • Customer Satisfaction

技術的専門知識や DevOps の知識は必須ではありません。サミットの予定の中にワークショップを今すぐ追加しましょう。

入門
$750

トレーニングを追加する

DevOps Simulation Workshop

このワークショップは豊富な演習が含まれ、組織が DevOps の変革の際に直面する実務上および文化的な課題に取り組み、自社での DevOps 移行に役立つ実用的なアドバイスを提供します。

参加者はチームに分けられ、それぞれビジネス、開発者、プロダクト所有者、インフラストラクチャ運用、スクラムマスター、テスター、サービスデスクの役割を与えられます。チームは新しいアプリケーション/サービスを提供し、既存のアプリケーション/サービスを運用するシミュレーションを 3 ラウンド行います。ラウンドごとに、チームは次の項目について採点されます。

  • Ability to deliver business impact
  • Ability to ship better software
  • 市場に出すまでの時間
  • Customer Satisfaction

技術的専門知識や DevOps の知識は必須ではありません。サミットの予定の中にワークショップを今すぐ追加しましょう。

入門
$750

トレーニングを追加する

Stay tuned

Be the first to know about all-things Summit. Sign up for special announcements, registration deadlines, speaker news, and more.

サインアップしていただき、ありがとうございます!