tutorial

Learn kanban with Jira software

Step-by-step instructions on how to drive a kanban project with Jira Software

 

クレア・メイナード クレア・メイナード

Kanban Tutorial

In this tutorial, we'll give you step-by-step instructions on how to drive a Kanban project, prioritize your work, visualize your workflow, and minimize work-in-progress to prevent your team from being overloaded, all within Jira Software.

Time:

読む時間 10 分。2、3 週間で完了

 

Audience:

You are new to kanban software development and/or Jira Software

 

Prerequisite:

You have created a Jira Software account

無料トライアル

カンバンとは何か

Kanban is similar to Scrum, in that it helps teams release software early and often. However, Kanban gives more flexibility in terms of planning and execution. Instead of working in time-based sprints, work is continuously delivered in Kanban, and your team pulls single pieces of work from the backlog, and then moves them to done.

ステップ 1:カンバンプロジェクトの作成

Once you login to Jira Software, you will have the option to create a project. When you get the project type selection, ensure you select Kanban software development project. 

新規カンバンソフトウェア開発プロジェクトには、カンバンボードも含まれます。プロジェクトの作成が完了すると、チームのカンバンボードが最初に表示されます。ここで、チームは自分の作業の進捗状況を追跡することになります。

ステップ 2:ワークフローの設定

In Jira Software, the Kanban project gives you an out-of-the-box workflow with Backlog, Selected for Development, In Progress, and Done. This lets the product owner add tasks to the backlog, and move them to "ready for development" once the task or user story is fully baked. Team members can then select from that column and move to in-progress and to done. If your development workflow is different, it's easy to add or remove a workflow state. Many teams want to add a QA or reviewing stage in their workflow, for example.

列とワークフローを設定するには、バックログの右上隅にある [Board (ボード)] をクリックしてから、[Configure (設定)] を選択します。

Configure your kanban workflow | Atlassian Agile Coach

Once you're in the board configuration page, select Columns from the sidebar. You can either add a status or column with the buttons on the right, or hit the trash icon to remove a column. Once you have the workflow columns you want, hit Back to board in the top-right corner.

ステップ 3:バックログへのタスク、バグ、またはユーザーストーリーの追加

[Create (作成)] ボタンを使用して、バックログへのタスク、バグ、またはユーザーストーリーの追加を開始します。カンバンでは、これはボードの最初の列です。作成するプロジェクトやフィーチャーがない場合は、サンプルタスクを作成して操作を開始して、その機能を確認してください。

What are user stories?

In an agile framework, user stories are the smallest units of work. As a {type of user} , I want { goal} so that I { receive benefit}. 

 

単純な例として、Web サイトを使用してユーザーストーリーを作成してみましょう。

 

来年の予算編成の参考として昨年の購入内容を確認できるように、顧客としてアカウントを作成したい。

 

ユーザーストーリーは、プロダクトオーナーが大まかに描いた後、プロダクトチーム全体が共同で詳細な要件を決定します。

ステップ 4:バックログの優先順位付け

バックログ内の項目をランク付け、つまり優先順位付けするには、その優先順位に応じて最初の列のカードを上下にドラッグ & ドロップします。

Prioritization in Kanban:

A Kanban team is only focused on the work that's actively in progress. Once the team completes a work item, they pick up the next work item. The product owner is free to re-prioritize work in the backlog without disrupting the team, because any changes outside the current work items don't impact the team. As long as the product owner keeps the most important work items on top of the backlog, the development team is assured they are delivering maximum value back to the business. So there's no need for the fixed-length iterations you find in Scrum.

ボードに課題を追加するときに、優先順位キーを使用すると、優先順位付けするときに簡単に視覚化できて便利な場合があります。カンバンのデフォルト設定では、2 つのスイムレーンがボードに追加されます。追加されるのは、[Expedite (迅速)] というレベルの付いた優先順位が高い項目用のスイムレーンと、それ以外の項目用のスイムレーンです。また、各課題内でラベルまたはフィーチャーなどのツールを使用して、個別の作業のカテゴリー化に役立てることができます。

What are swimlanes?

A swimlane lets you categorize issues so that agile teams can see which issues they should work on next. To edit the default swimlanes, go to board configuration in the upper right corner of your backlog and select Swimlanes from the sidebar. You can add swimlanes on this screen by categorizing your issues with JQL.

Configure swim lanes | Atlassian Agile Coach
Agile swimlanes | Atlassian Agile Coach

ステップ 5:バックログからの作業の選択

カンバンでは、チームメンバーは [Backlog (バックログ)] または [Selected for Development (開発用に選択)] 列から項目を選択して、[In Progress (進行中)] に移動します。

進行中の作業を制限することをお勧めします。これを簡単に行うには、列に制限を追加することを検討します。これを行うことで、チームが過剰に多くのタスクを 1 つの列に移動すると警告が表示されます。

Why limit work in progress?

You can set limits for your work in progress (WIP), which basically lets you set the minimum and maximum amount of work that lives in each column on the board. WIP limits reduce the amount of work nearly done by forcing the team to focus on a smaller set of tasks — essentially improving how your team works all throughout. WIP limits also highlight bottlenecks in a team's delivery pipeline before a situation becomes dire. These benefits guarantee increments of value to the customer sooner, making WIP limits a valuable tool in agile development. More here.

In Jira Software, you can add minimum or maximum limits for each column in the Columns section of the Board configuration.

Step 6: hold team meetings

カンバンでは、毎日のスタンドアップとふりかえりの実行は任意です。しかし、あなたとチームでミーティングを開く間隔を決定することをお勧めします。毎日のスタンドアップは、チームが作業の進捗を妨げている箇所を明確にするのに有益な場合があります。また、プロダクトオーナーが優先する作業と優先する理由を共有するのも役立ちます。チームにとって何が機能するかを検討して試してみてください。実行しながら常に調整することができます。

毎日のスタンドアップミーティングとは何か。

Attendees Required: development team and product owner

 

Optional: team stakeholders

 

When: Once per day, typically in the morning

 

Duration: No more than 15 minutes. Don't book a conference room and conduct the stand-up sitting down. Standing up helps keep the meeting short!

 

Agile Framework: Scrum and Kanban. 

 

Purpose: The daily stand-up is designed to inform everyone quickly of what's going on across the team. It's not a full status meeting. The tone should be light and fun, but informative. Have each team member answer the following questions:

 

  • 昨日何を完了したか?
  • 今日何に取り組むか?
  • 何かにブロックされていることはあるか?

 

同僚の前で昨日完了したことを報告する暗黙の説明責任があります。常に同じことを行い、進歩しないチームメンバーには誰もなりたくなりません。

 

ProTip: Some teams use timers to keep everyone on track. Others toss a ball across the team to make sure everyone's paying attention. Many distributed teams use video-conferencing or group chat to close the distance gap. Your team is unique — your stand-up should be, too!

ステップ 7:管理図の使用

定期的に、チームの進捗を監視するために管理図を確認することをお勧めします。

What is the Control Chart?

The Control Chart shows the following information:

  • 各課題が次のステータスに移行するまで、特定のステータスを維持する期間。
  • チームのサイクルタイム。これはチームが各課題を完了するのにかかる平均時間です。製品、バージョンのサイクルタイムを確認できます。
  • チームのサイクルタイムのローリング平均。チームの効率が向上すると、この数字が下がるのが分かります。

管理図は、チームの作業方法を分析できるので有益です。次のような分析が必要となる場合があります。

  • 特定タイプの課題で完了に時間がかかりすぎるものはありませんか? 課題が複雑すぎる、またはもっと優先順位が高い作業が次々と現れて先送りにされているかもしれません。
  • 特定のステータスに移行するのに時間がかかりすぎる課題はありませんか? これは、チームの進捗を妨げるボトルネックを示す場合があります。
  • チームのローリング平均はどのくらいですか? チームの効率性は向上していますか? 向上している理由は? 向上していない理由は?

ステップ 8:カンバンバックログの使用 (オプション)

多くのチームがカンバンの柔軟性を気に入っていますが、ボードの最初の列 (バックログ) が長くなり、管理しにくくなってきていると感じる場合があるかもしれません。この理由により、カンバンソフトウェア開発プロジェクトにバックログを追加しました。

カンバンバックログは、プロジェクトの異なるタブにあるバックログをボードに提示するものです。カンバンバックログは、チームが現在の作業を中断されることなく、バックログを自由に作成して優先順付けできるより大きな専用のスペースをプロダクトマネージャーに提供します。次に、プロダクトマネージャーはバックログから作業を「開発準備完了」に移動して、チームにそれが次に取り組む作業であることを知らせます。

Check out Using your Kanban backlog and Enabling the Kanban backlog for more details.

Kanban backlog | Atlassian Agile Coach
カンバンバックログをオンにする方法
  • Log in as a user with the 'Jira Administrators' global permission.
  • Select Jira Administration from the top bar > Applications, then scroll down the page to the Jira Software section.
  • Under Jira Software Labs, select the features that are of interest to you.
  • バーンアップチャート
  • カンバンバックログ

Advanced practices

By now, you may have already realized just how extremely customizable Jira Software can be. Read on for some advanced tips and tricks that your team can use, to unleash their potential, and finish off work-in-progress faster and more efficiently.

ステップ 9:列の制約の使用

ステップ 5 で、すでに進行中の作業を制限する重要性を説明しました。このセクションでは、その点をさらに詳細に説明します。特にこの制限によって、チームが経験しているボトルネックが実際に明確化されるからです。これらを早期に明確化することで、チームは優先順位を再調整して、現実的なアクション計画を立てることができます。

You can configure the column constraints of your board by going to the Columns section of Board configuration. From there, set minimum and maximum constraints for each column.

Column constraints example | Atlassian Agile Coach

[Selected for Development (開発用に選択)] 列または [In Progress (進行中)] 列のいずれかに 10 を超える課題がある場合、その列の上部が赤色で表示されます。

Kanban with column constraints | Atlassian Agile Coach

ボードでカンバンバックログを有効にしている場合は、ボードの表示が異なる場合があることに注意してください。

チームのニーズに応じて、ステップを先に進めたり、列の制約を設定して合計数からサブタスクを除外したりできます。

For more details on how to do this, go to Configuring columns.

ステップ 10:累積フロー図の使用

累積フロー図は、カンバン手法で作業するときに使用できる重要なレポートの 1 つです。累積フロー図を使用して、チームは各自の作業状況をすばやく視覚化し、プロジェクト全体の進捗状況に照らし合わせることができます。

In Jira Software, the Cumulative Flow Diagram shows the statuses of your team's issues over a period of time:

ボトルネックは、図内で課題ステータスの急激な変化として現れます。その変化が突然の上昇または下降であっても、該当する課題を調べる価値は必ずあります。

When predicting potential bottlenecks, the Cumulative Flow Diagram is indeed a tool your team should consider using.

Up Next
記事