Scrum is one of the most popular frameworks for implementing agile. So popular, in fact, that many people think scrum and agile are the same thing. (They're not.) Many frameworks can be used to implement agile, such as kanban for example, but scrum has a unique flavor because of the commitment to short iterations of work. 

スクラムの特性

スクラムでは、製品はスプリントと呼ばれる一連の一定期間のイテレーションで作られます。スプリントは、定期的なリズムでソフトウェアを出荷するためのフレームワークをチームに提供します。マイルストーン、つまり、スプリントの終了が頻繁にあり、各サイクルの具体的な進捗を感じることができるため、チームメンバーの注意を集中させ、活気づけます。(これこそ 「途絶えることのないインスピレーション」の秘訣です) 。 また、短期間のイテレーションは、優れた見積もりおよびテストからの迅速なフィードバックの重要性を強化します。これらは、いずれもウォーターフォール型プロジェクトで繰り返し発生する大きな問題です。

スクラムには、各スプリントを構成する 4 つのセレモニーが必要です。

  • Sprint planning: A team planning meeting that determines what to complete in the coming sprint.
  • Daily stand-up: Also known as a daily scrum, a 15-minute mini-meeting for the software team to sync.
  • Sprint demo: A sharing meeting where the team shows what they've shipped in that sprint.
  • Sprint retrospective: A review of what did and didn't go well with actions to make the next sprint better.

スプリントの間、チームも第三者も同じように見ることができるタスクボードやバーンダウンチャートのような視覚的要素は、士気向上につながります。これらは当事者意識を高めます。スプリントのデモで新しい作業を見せる機会があることも同様にやる気を刺激します。デモのたびに利害関係者から一貫したフィードバックが積み上がることも、製品開発に大いに役立ちます。

>> New to scrum? Try this interactive tutorial

うまくいっているスクラム (「スタンドアップミーティングのあるウォーターフォール」ではありません) は、チームの生産性とやる気を高め、全体としての製品開発プロセスを改善する素晴らしい促進剤となる可能性があります。 

スクラムを成功に導く 3 つの基本的な役割

スクラムチームの構成は従来のウォーターフォールプロジェクトとは少し異なり、プロダクトオーナー、スクラムマスター、開発チームという 3 つの役割があります。スクラムチームは部門横断型であるため、「開発チーム」には開発者に加え、テスター、デザイナー、運用エンジニアが含まれます。 

プロダクトオーナー

プロダクトオーナーはその製品の舵取り役です。ビジネスと市場の要件を把握した後、それに応じてエンジニアリングチームが行う作業の優先順位を決めることが主な仕事です。有能なプロダクトオーナーとは:

  • プロダクト バックログの作成と管理を行う
  • 業務部門およびチームと緊密に連携し、すべての人がプロダクト バックログの作業項目を理解できるようにする
  • 次に完了させるフィーチャーに関して明確なガイダンスをチームに与える
  • デリバリー頻度が高くなりやすい傾向のある製品の出荷時期を決定する 

プロダクトオーナーはプロジェクトマネージャーではないことを銘記してください。プロダクトオーナーはプログラムのステータスを管理していません。プロダクトオーナーの仕事は、開発チームがビジネスにとって最大の価値を確実に生み出せるようにすることです。また、プロダクトオーナーが 1 人であることも重要です。複数のプロダクトオーナーからの様々なガイダンスは開発チームを混乱させます。 

スクラムマスター

スクラムマスターは、チーム内のスクラムの推進者です。スクラムプロセスにおいて、チーム、プロダクトオーナー、およびビジネス部門を指導し、それぞれの取り組み方を微調整する方法を探します。有能なスクラムマスターは、チームが行っている作業を深く理解し、チームがデリバリーフローを最適化できるよう支援します。主幹ファシリテーターとして、スクラムマスターはスプリント計画、スタンドアップ、スプリントレビュー、およびスプリントのふりかえりに必要なリソース (要員と物流の両方) のスケジュールを決定します。

また、スクラムマスターは、可能な時は常に外部の混乱から開発チームを守りながら、チームの障害物や妨げになっているものを解決しようとします。

スクラムマスターの仕事の一部は、スクラムを初めて経験するチームによくあるアンチパターン (スプリント開始後のスコープの変更) からチームを守ることです。プロダクトオーナーは、「これをさらに細分化して特別に重要な小さなものをこのスプリントに入れることはできませんか」と求めることがあります。しかし、スコープを完全に維持することで、優れた見積もりと製品計画が強化されます。開発チームに混乱を招く原因を回避することは言うまでもありません。

スクラムマスターは、一般的にプロジェクトマネージャーと勘違いされていますが、実際には、スクラムの方法論にプロジェクトマネージャーは存在しません。スクラムチームは自らの運命を支配し、作業に関連する様々なことを自己管理します。アジャイルチームは、プルモデルを使用します。つまり、チームは一定量の作業をバックログからプルし、そのスプリントで完了することをコミットします。これは、品質を維持し、長期的な観点でチームの最適なパフォーマンスを保証するうえで非常に効果的です。スクラムマスター、プロジェクトマネージャー、およびプロダクトオーナーは、いずれもチームに作業を押し付けることはありません (このようなことは、逆に品質とやる気の両方を損ないます)。
 

スクラムチーム

スクラムチームは持続可能な開発方法の推進者です。最も効果的なスクラムチームとは、緊密であり、同じ場所にいて、通常、5 ~ 7 人のメンバーで構成されています。チームメンバーは、様々なスキルを持ち、相互にクロストレーニングするため、作業のデリバリーで障害になる人はいません。強力なスクラムチームは、「私たち」という明確な姿勢でプロジェクトに取り組みます。チームのすべてのメンバーは相互に助け合い、スプリントが無事に完了するようにします。

上述したように、スクラムチームは各スプリントの計画を推進します。チームは履歴に基づく速度をガイドとして使用し、そのイテレーションで完了できると考える作業量を予測します。イテレーションの長さを固定しておくことで、開発チームは見積もりとデリバリープロセスに関して重要なフィードバックを得ることができます。これにより、予測の精度は経時的に増します。 

スクラムの特徴はこれだけではない

ここまでは、概要の説明でした。しかし、スクラムの哲学とスクラムチームの構成員について完全に理解するには、まだ説明が必要です。スクラムチームメンバーが、共通のアジャイル セレモニーを使用して協力して作業する方法とアジャイル プログラムでチームが成果をビジネスに提供する方法に関する詳細を引き続きお読みください。 

関連する製品
プロジェクト / 課題管理