アジャイルチームにおいて
協同で行うデザイン作業

アジャイルのフレームワークにデザイン作業を組み込む方法

Laura Daly Laura Daly

多くのソフトウェアチームが、アジャイルプロセスにデザイン作業をうまく組み込めないかと苦労しています。他のチームメンバーと緊密に仕事をしていないデザイナーは、全員(自分たちも含む)に関わる余計な業務を作り出してしまうことがあります。また、製品チーム内でナレッジをサイロ化してしまう可能性があります。

Atlassian では、デザインプロセスにおいて、アジャイルチーム全体で協同作業を行うようにしています。全員がデザインプロセスに関わるようにすることで、問題に関する複数の視点を得て、ドキュメントに頼らずにアイデアを共有します。このプレゼンテーションではその方法を紹介します。

  • チーム全体がデザインプロセスに関与する
  • デザイン作業をアジャイルプロセスに統合する
  • より早くテストやアイデア化を行えるように、カスタマーインサイトを得る

Q & A

こちらの Q&A の範囲は、Atlassian が使用するデザインツールから、カスタマーフィードバックの扱い方法に及びます。

Q1: デザイナーと開発者は常に違うメンバーなのですか? HTML5 や最新の UI テクニックを考慮すると、基本的なコーディングスキルを持たないデザイナーにとっては難しくありませんか?

A1: The line between designers and developers is becoming blurry. We have designers at Atlassian that come from an engineering background and others that couldn’t write a line of code. We have strong visual designers, information architects, and facilitators. Everyone has different strengths and it’s important to recognize and utilize these in your team.

Q2: プロダクトチーム以外のメンバーも、マーケティングなどのデザインワークショップに参加しますか?

A2: Our workshops include people from different disciplines, but everyone is there for a reason. Usually, there will be representatives from PM, engineering, and design, but we may pull in someone from support or marketing if they can add another perspective.

ワークショップは数日間かかる場合があり、それはコミットするには長い期間です。私は前もってアジェンダをメンバーと共有し、彼らが価値を提供できる部分はどこか、数時間だけでも参加できるところはどこか考えられるようにしています。ただし、中心的なグループのメンバーは全日程に参加する必要があります。

Q3: スケッチ、図面作成、アイデア出しにどのようにメンバーを参加させていますか? PO や開発者はそのような作業を怖がったり、またその他の理由により、参加に積極的ではないと感じています。

A3: It’s already intimidating having to share ideas with a group, but drawing in public can be even scarier! That’s why I like to split the large group into pairs for this stage of the workshop. It removes the pressure of a blank sheet of paper staring back at you. It also lets people bounce ideas off of each other and keeps momentum going.

これらのセッションのいずれかに参加した後、誰もがプロセスになれ、参加を本当に楽しむようになります。室内では常に多くの会話が行われ、ざわめきます。

また、あなたが傑作を求めているのではないということを、全員に知らせることも重要です。その後あなたがすべきことはアイデアの視覚化です。これはインターフェイスのスケッチや図面、箇条書きなど、グループの他のメンバーが共通の理解を得るのに役立つあらゆる形で行うことができます。もし紙に書き出した場合、ワークショップ終了後に参考用として保存しておく必要もあります。

Q4: どのようにして、デザインチームの新しいメンバーに最新情報を提供していますか?

A4: We have an on-boarding process for all new members of the design team. This starts with an introduction to design at Atlassian, our process, and how we work with the rest of the product team. We dive into the design principles we’ve developed and show examples of how these are put into practice. There are boot camp classes to learn more about our design resources: using personas, the Atlassian Design Guidelines, and the Playbook.

また、最初の数週間、新人デザイナーにバディを組ませてペアにしてコツを教え、もっと大きな仕事に徐々に慣れてもらいます。

新人デザイナーのスピードを上げるもう一つの方法として、第 1 週目の間にワークショップに参加させる方法があります。プロダクトチームと顔を合わせ、彼らとどのように協力して仕事をしているかを実際に体験するよい機会です。最初の数ヶ月で学習することは多数ありますが、ワークショップはひとくちサイズの問題に取り組むのに最適です。

Q5: カスタマーリサーチ手法の中で、何が一番役に立ちますか?現地調査、観察、ユーザビリティ調査?

A5: I think all types of customer research are useful, but different types of research come into play at different stages of a project.

例えば、プロジェクトの初めでは、メンバーが取り組んでいる問題や内容を完全に把握したい場合があります。コンテキスト調査はこれに非常に役立ちます。チームの職場を訪問して彼らのプロセス、問題が彼らに与えている影響、効率を上げたいのは何かについて彼らと話します。彼らがタスクをどのように達成しようとしているか、および彼らが遭遇したフラストレーションを実際に目にするのは素晴らしいことです。

ユーザーテストと顧客インタビューは、アイデアを少し掘り下げたいときに適しています。簡単なプロトタイプを使用して、ユーザーがフロー上をどのように移動するかを確認したり、提案されたソリューションについて会話するだけでも価値ある洞察を得ることができます。

一方、A/B テストはソリューションの効果を計る素晴らしい方法です。

Q6: Atlassian のデザイナーはどのようなツールを使用していますか?

A6: Designers at Atlassian use the right tool for the job. Sometimes that’s old-fashioned pen and paper, other times it’s HTML & CSS.

忠実度の高いデザインを作るため、ほとんどのチームは Sketch を使用していますが、Adobe 製品も使用しています。基本的なレイアウトをとても簡単に作成できるように、Atlassian パターンライブラリのすべての UI 要素はベクターオブジェクトとしてとして作成されています。シンプルなプロトタイプでは、InVision や Marvel を使用します。より複雑なインタラクションでは、Framer Studio、Origami、Axure、または手書きコードを使用します。

また、付箋やホワイトボードマーカーも大量に使います。:)

Q7: アジャイルのワークフレーム内で作業をする間、どのような問題に直面しますか?

A7: Learning to let go of perfection and instead produce fast, iterative work is the biggest challenge. As a designer, you always want to create high-quality work, but you need to be okay with shipping something that’s 90% there and then improving it.

Q8: ドキュメントを減らすいくつかの方法について説明していただきました。どのような形式でドキュメントを保持していますか? あるいはすべてのドキュメントをなくしましたか?

A8: We use Confluence to share work in progress and gather feedback from the wider team. A typical page will include some context about the problem we’re trying to solve and the value that the proposed solution offers. There will be photos of sketches, high fidelity mockups, or links to prototypes embedded in the page to illustrate a solution. People will add comments and questions, and the designer will post updated designs as the project progresses. It’s not really ‘maintaining documentation’ though, it’s an evolving page that collects design assets and feedback.

Q9: チームメンバーが同じ場所におらず、デザインが分散している場合、どのようなアプローチをとりますか?

A9: Atlassian is a global company so working with distributed teams is something we encounter every day. On Jira Software, we have teams in Sydney, Gdansk, and Saigon and we are always looking for ways to bridge the gap. Technology helps a lot—we use Hipchat for video calls and messaging, Confluence to post, share, and comment on work, and Jira Software to organize all of the work. It’s not perfect though, and nothing can replace face-to-face communication. When possible, we try to get people in the same room for crucial parts of a project. Otherwise, a good rule is to over communicate with remote teammates and do your best to keep them in the loop.

Q10: 「顧客フィードバック」になりすます「ノイズ」をどのようにコントロールおよびフィルタリングしていますか?

A10: We receive a lot of customer feedback, which is a great thing! We have a feedback tool that collects user comments and saves them as issues in a Jira Software project. I spend the first part of my day reading through the latest issues with a coffee. As I’m going through the comments I make note of any common themes or patterns that are emerging and add labels to group them. I can filter all of the feedback using these labels to find out how many people have raised a similar problem. Then, once a pattern has been established, I can take this problem to the product team with specific use cases that we can address.