Connecting business strategy to development reality

「効率とは物事を正しく行うことであり、効果とは正しい物事を行うことである」- ピーター・ドラッカー

Martin Suntinger Martin Suntinger

チームレベルでアジャイルプロセスを適切に調整することは、効率的なアジャイルソフトウェア開発の基本です。しかし、効果的に市場およびビジネスゴールを達成するには、チームの日々の活動を組織の戦略的目標と一致させることが不可欠です。

この記事では、チームによる業務遂行とビジネス戦略を結び付け、組織全体のアジリティを最大化する方法について考えます。 

ビジネスゴールとアジャイル開発を結び付ける

ビジネス戦略と開発現場の現実を一致させるには、テーマ、ゴール、指標を明確に定義することが重要です。

  • Themes are large areas of related work, defined over a period of time and focused on a particular outcome. For example, a theme could be streamlining a shopping cart flow over the next two quarters. Themes are an important frame of reference for teams. They serve as a check on whether their work is contributing to the progress of business initiatives. Managing work by theme also helps management understand whether sufficient resources are allocated for success, or if themes are underfunded.
  • Goals and metrics define a desired, concrete, and measurable future state. In agile portfolio management, global goals give context to themes and can be broken up into subgoals to drive measurable actions on all levels of the organization. For example, a 20% reduction in abandoned shopping carts. 
効果的なテーマ、ゴール、指標のためのヒント
  • 少数のテーマを明確に定義します。少なければ少ないほど取り組みやすくなります (5 つ以下が理想的です)。
  • 組織の全員が現在の中核的テーマを挙げられるようにしましょう。
  • テーマごとに 1 つの大きなゴールを設定し、1 つの重要指標で測定します。
  • 企業全体のゴールを組織の各レベルに合わせて調整し、企業の戦略を支えます。
  • 挑戦的かつ達成可能なゴールを設定します。

Once top-level themes, goals, and metrics are defined, departments and teams can derive their particular subgoals–and eventually, their key initiatives–from the themes. Subgoals and key initiatives help define product features and/or projects. As a result, each software team should understand how every single task contributes to goals and themes. In other words, why it matters for the overall strategy.

上記の 2 つのフレームワークには、2 つの目的があります。

  • 最重要事項に時間を集中的に配分すること、ゴール以外のことに無駄なリソースを割り当てないようにすることです。
  • 個々のチームメンバーが日々の活動で適切に判断するためのコンテキストも提供します。

An organization can't achieve its goals without bundling and focusing its resources. Plus, regardless of type of work, individuals make countless trade-off decisions every day in how tasks are done. Ultimately, managers cannot and should not get involved with these micro-level decisions. Management can only provide the right information and environment to empower individuals to act in the best interests of global goals. 

Pro Tip:

言葉が違っていても、同じような目的のフレームワークは多くあります。広く使用されているフレームワークの例として、OKR (Objectives and Key Results) が挙げられます。現実的には、重要なのはフレームワークや言葉ではなく効率的な実行であると考えます。フレームワークに優劣をつけても意味がありません。  

要点と次のステップ

日々の開発とビジネス戦略を結び付ける作業は双方向のプロセスです。トップダウンの観点から、境界を定め、チームが取り組むべき重点領域を設定する (「サンドボックスを作る」) ことが重要です。この重点領域は、ビジネス計画と包括的な企業戦略から直接導き出します。各重点領域には、測定可能な最終ゴールが明確に定められている必要があります。ボトムアップの観点から、すべてのタスクが目指すテーマとゴールを全員に理解させます。これが不明確である場合は、ゴールに整合性がないか、重点が定まっていないことになるため、問題を提起しましょう。

The roadmap is a good place to start, especially if implementing themes and goals seems intimidating. The roadmap will force product owners to put serious thought into how epics and user stories are contributing to business strategy and whether particular areas of work are important. Themes will also help track resource investments at the start of the project. Track the investments in each new theme on the roadmap to ensure that all themes are well funded and aren't set up for failure.

総合的に見て、継続的な対話と仕事に対する考察を促すこと、そして日々の作業をこなすよりも長期的ゴールに向けて着実に前進することが秘訣です。